上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

津山・小3女児殺害から8年 有力手掛かりつかめず

津山市総社、小学3年筒塩侑子(ゆきこ)さん=当時(9)=が自宅で刺殺された事件から8年となるのを前に津山署捜査本部は31日、捜査状況を発表した。
岡山県警は「最大の懸案」と位置付け、延べ約4万人の捜査員を投入したが有力な物証や目撃情報はなく、犯人に迫る手掛かりはつかめていない。
侑子さんは2004年9月3日午後3時35分ごろ、胸など数カ所を刺され、1階洋間で制服姿で倒れていた。凶器は小型の刃物とみられ、死因は窒息または失血の疑い。
洋間以外に血痕は見つからず、帰宅直後の同3時15分からの約20分間に室内で襲われたとみられる。
現場の状況から「殺人目的の殺人」(捜査幹部)との見方を強めているが、動機を含めた犯人像は絞り込めていない。
情報提供は津山署捜査本部(0868(25)0110)。
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2012083112355950/

難解な事件の一つ。
少女を狙った計画的な犯行とも思える事件だが、乱暴された形跡があったという報道はなく、犯人のDNAも髪の毛や皮膚の一部で調べられている。
幼い少女を滅多刺しにして殺害した凶悪事件である。
迷宮入りしてしまったことから親御さんらによってTVのチカラに依頼。超能力捜査まで行われた。

◆事件の時系列 2004年9月2日

13時45分頃
母親がパートの仕事に向かう。

13時55分
母親が職場に到着し、タイムカードを押す。
宅配業者が女児宅にメール便を届けている。ドアが開いていたため、玄関内へ置いている。

14時00分
訪問販売員が、女児宅の玄関のドアを開け、中に声をかけている。

14時40分頃
小学校の「帰りの会」が終わる。「この時間に友達と二人で下校した」という報道もあった。

14時47分頃
自宅まで700mの所で、「元気のない様子で歩いている」女児が目撃されている。

14時50分頃
「友人と下校した」とされている。
しかし、14時47分に女児が目撃されている。また、この時間から推測すると帰宅は15時頃となる。

14時50~55分
美容室の前を通過(自宅との距離は500m)。

15時5分頃
「自宅まで200mの所を1人で歩いている」姿を、近所の女性(42)が目撃。女性宅の犬を見て、通り過ぎている。

15時15~20頃
帰宅時間とされていたが、目撃証言から考えると、もっと早いと思われる。

15時35分頃
姉が帰宅し、女児の遺体を発見。母親に電話をする。

15時47分頃
母親が119番通報をする。

15時53分頃
救急隊が女児宅に到着。
病院へ搬送され、死亡が確認された。

◆その他
発見時は、うつぶせで倒れていた。
抵抗した痕跡はなかった。
切り傷や骨折はなかった。抵抗したり、逃げたりした場合には手や背中に負傷することが多いが、そこにも傷はなかった。 室内には、女児が逃げようとした形跡はなかった。

「肩からポシェットをかけた、若い男の写真」を持って、聞き込み捜査をしているという報道があった。
「ボサボサ髪の若い男」が女児宅から南西に約100m離れた高架下におり、「近くにいた女児に向かって、薄笑いしていた」との情報があった。「女児が被害者だった可能性もある」とみて捜査している、という報道もあった。
この男は、事件直前に通学路途中で目撃されている。


◆ガブリエル・クロフツの透視
・犯人は通学路で半年前に被害者のことを見かけ、つけねらっていた。
・帰宅ルートや自宅の場所も知っていた。
・当日、通学路の途中にある古びた神社から、被害者の跡をつけた。
・友だちとわかれ、カーブミラーのある人気のないところで声をかけたが被害者は抵抗して逃げた。
・犯人は、用意しておいた白い車で被害者の家近くまで先回りをした。
犯人の名前に「Sa」「tor」という音が含まれている。

またマダムモンタージュと異名をとるナンシーマイヤーは犯人の顔を透視して似顔絵を作成しているが、その顔には特徴があり、口元が三つ口っぽい。

◆類似事件 鍵っ子の女児を狙い、押し入りわいせつ行為…長愛早智(24)逮捕 - 大阪
下校後に自宅の鍵を自分で開ける女児を狙って室内に押し入り、わいせつ行為を繰り返したとして、大阪府警刑事特別捜査隊と八尾署が強制わいせつなどの疑いで、 住所不定、元郵便配達員長愛早智(ちょうあい・さとし)容疑者(24)を逮捕した。
同容疑者は「親が不在の家は、子供がインターホンを鳴らさず自分で鍵を開けるので、 そういう女児を狙った。インターネットのサイトで成功例がありまねた」と供述。
下校途中の女児の後をつけ、マンションや団地に住むのを確認すると「自宅は何階?」と 声を掛け先回り。踊り場などに身を潜め、鍵を開けた際に室内に侵入する手口を繰り返した。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1284500511/

科学捜査―あの事件の犯人は、これで浮かび上がった! (主婦の友ベストBOOKS)

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ

スポンサーサイト
[ 2012/09/02 09:45 ] 岡山県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

岡山県 アパート床下女性白骨死体遺棄事件

管轄 岡山県警

事件の概要
岡山市駅元町の解体中の元アパートで二十四日午後、女性の白骨遺体が見つかったが、」現場はJR岡山駅西口から南西約三百メートルという住宅街。岡山西署の調べでは、死後1~5年経過しているといい、事件性があるかどうかも不明。住民は「なぜこんな静かな場所で」と驚き、「何年も見つからなかったのは気味が悪い」などと不安を募らせている。 2005.02.27 読売新聞大阪朝刊

◆遺体発見場所
岡山駅西口再開発のため、現場近くでは大型ビル一棟が建設中。沿線にはアパートや駐車場などがあり、駅の東西を横断する道路も今春には開通する場所である。

遺体が床下から見つかったのは、東西二棟のうち、西側の一階の一室。同署の調べでは、部屋には鍵がかかっていて、遺体のそばには女性用の寝間着と布団もあったという。
警察の見方としては、まったくの他人が侵入して(床下に)遺棄した可能性は低いとみている。また別の住人は異臭が酷かったと証言。
遺体の身元確認を急ぐ一方、元アパートの所有者や建設会社の担当者らからも、過去の入居者について事情を聞き捜査を開始したが、未解決のままである。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ


[ 2012/09/01 11:26 ] 岡山県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

遺留物DNA再鑑定 津山女児殺害

2004年9月、津山市総社の小学3年筒塩侑子(ゆきこ)さん=当時(9)=が自宅で刺殺された事件で、津山署捜査本部が今年に入り、現場から採取した毛髪や皮脂などの遺留物について、DNA型の再鑑定を実施したことが1日、分かった。事件は3日で発生から丸7年。有力な手掛かりがないまま風化も懸念され、急速な進歩を遂げる鑑定技術を駆使して糸口を探っている。

侑子さんは9月3日午後3時35分ごろ、胸など数カ所を刺され、1階洋間で制服姿で倒れていた。凶器は小型の刃物とみられ、死因は窒息または失血の疑い。洋間以外に血痕は見つかっておらず、帰宅直後の同3時15分からの約20分間に室内で襲われたとみられる。

凶器、足跡などの物証や目撃情報が乏しく、動機を含めた犯人像が絞り込めない中、捜査本部はここ数年、検査キットが新しくなるなどDNA型鑑定の精度が飛躍的に高まっていることに着目。洋間や玄関付近を中心に採取した毛髪に加え、侑子さんの着衣に付着した皮脂や汗について、事件当初に続いて2回目の鑑定に着手した。
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2011090207502354/

DNA再鑑定なんてやろうと思えばもっと早い時期にできたはずである。
警察はやる気があるのか?事件から時間が経てば経つほど解決は難しくなる。

ただここで再鑑定をすることになったのは何か勝算があるからなのか?最近では未解決事件がDNA鑑定によって解決へと導かれている。
筒塩侑子ちゃんは短時間で殺害されており、目撃証言もある。警察はもっとがんばって欲しい。

津山小3女児殺害事件とは
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-147.html

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
[ 2011/09/03 00:38 ] 岡山県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

情報提供訴えチラシ配布 倉敷の夫婦殺害 岡山

倉敷市で全焼した民家から首が切断された夫婦の遺体が見つかった殺人放火事件が27日、発生から丸16年を迎えた。事件は公訴時効成立直前の法改正によって時効が撤廃されたが、捜査は難航しており、県警は同日、現場近くの駅でチラシを配布し、改めて情報提供を訴えた。
事件は平成7年4月28日午前2時半ごろ、同市児島上の町の農業、角南春彦さん=当時(70)=方から出火。焼け跡から胸などを刺され、首を切断された角南さんと妻の翠さん=当時(66)=の遺体が発見された。
県警はこれまでに延べ約9万6千人の捜査員を投入しているが、家が全焼したために物証に乏しく、目撃情報も少ないことなどから捜査は難航。また、切断された頭部もまだ見つかっていない。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110428/oky11042802040004-n1.htm

家が全焼したために、証拠が残ってないようだ。
児島署の光本博一刑事官は「事件の解決を目指して捜査を続けている。どんな小さなことでもいいので、積極的に情報を提供してほしい」と話していた。児島署((電)086・473・0110)。
[ 2011/04/30 10:31 ] 岡山県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

津山主婦 高橋妙子さん行方不明事件

岡山県警

事件の概要
H14年6月3日、高橋妙子(当時54歳)さんが岡山市内で行方不明になった事件。
自宅から連れ出され所在不明。
同日昼、岡山市内などの銀行のキャッシュコーナーで幸夫さんの口座から現金計七百万円が引き出された。同日夕、幸夫さんに妙子さんから「車で連れ回されている」と電話が入った後、連絡が途絶えた。

同月八日、県警は公開捜査に踏み切り、銀行の防犯ビデオの映像などから鳥取県内の無職吉田好江容疑者(33)が現金を引き出したことが分かり、津山市内の元タクシー運転手(52)も行動を共にしていたことを割り出した。

しかし、同月二十三日、元タクシー運転手が津山市内で自殺。吉田容疑者も同年九月、岡山市内の山中で自殺しているのが見つかった。県警は二人が言葉巧みに妙子さんを連れ出し、カードを奪って現金を引き出したと断定し、窃盗容疑で書類送検したが、容疑者死亡で不起訴になった。

妙子さんの行方は今も分かっていない。

世界で一番恐ろしい闇の世界史

世界で一番恐ろしい闇の世界史

価格:500円(税込、送料別)



[ 2010/12/09 22:23 ] 岡山県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。