ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。
カテゴリー  [ 飯島愛さん変死事件 ]

飯島愛と残された二文字の言葉

もうすぐ飯島愛さんが亡くなられて2年になる。
未だに彼女の死は謎でありいろいろと議論されているようだ。
愛さんのブログには多くの人たちが訪れているのも、死因がハッキリしないことも原因の一つだろう。

木村藤子さんがいった二文字
飯島愛さんの死因について語るとき、木村さんのことがよく出てくる。
金スマでの

「彼女はたったひとつの、二文字の言葉を言ったのです。それは私がとても残念だと思う言葉でした。人間として残念だった。」

という発言はとても印象的でこの二文字の言葉に飯島さんの死因が隠されているではないだろうかと思うからである。なぜなら、やはり彼女の突然の引退は不可解だからだ。

私は最初この二文字の言葉は「復讐」または「利用」だと思っていた。しかし今はちょっと違うような気がしている。

ワールドカップにおける彼女の発言
問題の発言は「サンデー・ジャポン」(TBS系)の生放送の番組中で飛び出した。
W杯での韓国サポーターの熱狂ぶりや、イタリア敗退後、ペルージャのガウチ会長が韓国選手を追放すると発言した問題で参加者がコメントしていると、飯島さんが「どこのテレビもトッティの退場プレーを良く分かる背後からの映像を短くカットしてる。ずるいよ」とエキサイト。

「日本も買収すればよかったんだよ」
「ねぇみんな、どうしたの?おかしいと思わない?言いなよ」
「私が守ってあげるから奥寺さん、ホントのこと言って!」
「どこのテレビも、トッティの退場の時プレー、よくわかる背後からの
 映像をどんどん短くカットして放送してるんだよー(ずるいよー)」
「(マルディーニへの)蹴りが何でカットされてるの?!」
「これじゃ抗議してるイタリアが悪いみたいじゃない!」
「どこもかしこも韓国おめでとうしか言わない!」
「日本人としてじゃなくアタシ個人の意見として、おかしいと思う!」
「奥寺さん、もっと言って、私が守ってあげるから
爆笑「無責任なこと言うなよ、 どうやって守るんだよ・・・

---番組的にヤバくなったのか、井筒に話が振られる---
井筒「韓国戦では『アジアのプライド』とか言う横断幕とかあるじゃない。
   ああいうのって日本ではやらないよね。そういうところが…」
飯島「(割り込むように)だったら『アズーリの墓へようこそ』とかいうのは良いわけ?
   ホスト国として、相手に対する礼儀が無いのはおかしいと思う」
井筒「それとこれとは話が違…」

TBSは韓国に乗っとられているといってもいいようなテレビ局であり、報道も韓国よりなことが多い。そのTBSの番組の生放送でのこの発言。
意図的なものなのか、興奮して言ってしまったのだろうか?


飯島愛は普通のAV女優ではない
この人がでてくるまではAV女優がバラエティー番組でTバックのおしりを露出するといったことはまったくなかった。
しかも裏物といってノーカットのビデオが出回り始めたのも飯島愛からだ。
この人の登場をきっかけに日本の「性モラル」は大きく変化したように思える、いわばアメリカにおいてのマリリン・モンローのような存在。
AV女優を辞めてからはタレントとしてだけでなく、エイズ問題など性についての活動も活発で、ブログなどを読むとアフリカ問題、年金問題、医療についてまで言及し、マルチタレントなどと呼ばれていたようだが、いわば政治家のような人であった。
飯島愛をAV女優からタレントとして表の芸能界に育てあげた『ある団体』があり、その『ある団体』と飯島愛との間には『密約』がある。

私は飯島愛は何か「世論誘導」の一旦を担ってメディアにでてきたように思える。
その団体との取り決めによって芸能活動をしていたと思えば、「サンデー・ジャポン」での発言も納得できるのだが、その密約通りに動いている自分がだんだんと嫌になり最後は引退を決めたのではないだろうか?
「私はズルいことをしている」と金スマで涙ながらに言っていたのが印象深い。

統一教会との関係
飯島愛と統一教会との関係を書いたブログがたくさんあったと思っていたが今はほとんど見なくなった、なぜだろう。
飯島愛が入居していたビルの渋谷インフォスタワーは統一教会が関係する建物で、 飯島愛が死んだマンションはその住宅棟だった。台湾で飯島が3年後に死亡することを予言した占い師も統一教会だったのである。

彼女は統一教会の信者だったと思う。
統一教会には芸能人を始め多くの保守派と呼ばれる政治家達も関わっていて、安倍元総理も統一教会へ祝電を打ったことが取り沙汰されている。

政権交代と引退時期
2007年(平成19年)7月29日に実施された参議院選挙で野党だった民主党が与党を追い抜いて60議席を獲得し、参議院で第一党となり、続いて2009年7月21日の第45回衆議院議員総選挙でも民主党は圧勝したのである。

この時期にテレビの世界から引退したのは飯島愛だけでなく、統一教会の信者だと噂されている細木数子氏もいる。
この人も着物のたたみ方、家系図の整理の仕方、墓参りなどを語り、フジテレビのバラエティー番組「幸せって何だっけ~カズカズの宝話~」は日本古来の伝統などを中心とした番組構成だった。

またこの人も、2006年12月29日、テレビ朝日放送の「細木数子の緊急大予言SP」に於いて北朝鮮に対して多額の援助と賠償金の支払いを主張。横田めぐみさんの両親を非難、挙句、日本企業で援助利権を貪ればいいと、北朝鮮擁護の発言をして顰蹙をかっている。
細木数子もなんらかの意図をもってテレビ界にでてきた人であり、2008年の1月にテレビ界からの引退を宣言し出てこなくなった人である。

木村藤子さん
この人が飯島愛さんに金スマの番組内で言っていた言葉に

「芸能界を続けて2~3年経てば、大きな事情が起きる。 その事情が起きたとき、また違う方向に行ける。」

というのがあるが、その2、3年後というのがちょうど今くらいである。


二文字について
そして政権交代で別勢力が出てきてしまった。
飯島愛は引退を決意するのだが、正義感の強い彼女は自分のしてきたことに納得できずにいたのではないか?

私が思う二文字は「暴露」であり、暴露を企てたことにより彼女は誰かに殺された、または圧力によって精神をおかしくしてしまっていたのではないかと思う。
少し前のAV女優牧野田彩さんの事件も飛び降り自殺したが、ジャニーズ事務所の嵐との関係を暴露する準備中だったそうだ。

妄想に近いがAV女優が簡単に自殺として片付けられてしまうのは、裏の世界を知っているからだと思う。


[ 2010/12/15 17:27 ] 飯島愛さん変死事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード