上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナイジェリアで「出産工場」摘発、妊娠中の少女32人を拘束

ナイジェリアの警察当局は2日、南部アバで多数の少女が新生児を出産する施設を摘発し、人身売買組織に関わった疑いで医師1人と少女32人を逮捕したと発表した。
警察は先週末、新生児が売買されているとの通報を受け、この施設を摘発。逮捕された医師は、施設が意に反して妊娠した少女を助けるための養子縁組あっせん団体だったとし、新生児は社会福祉施設に送られたと説明。しかし、具体的な施設の名前は明らかにしていないという。
当局者によると、ナイジェリアでは子どもがいない人は呪われているとみられる慣習があり、新生児が最高34万ナイラで売買される。また呪術師による儀式などで殺害されることもあるという。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21514020110603?rpc=122

アフリカでは子供の命が簡単に取引されている。
昔はアフリカ大陸の金、ダイヤモンド、奴隷を搾取していたが、今ではその臓器を搾取している。
エジプトの民間の孤児院が、集めた子供達32人を臓器売買目的で病院に送り込み、臓器を摘出させたうえ25人が死亡した事件も発生している。

◆先端医療-光と影- 臓器移植の是非を考える
先日の新聞報道によると、エジプトの民間の孤児院が、集めた子供達32人を臓器売買目的で病院に送り込み、臓器を摘出させたうえ25人の死者を出していた疑いが強まり、検察が捜査を開始したとのこと。孤児院は臓器1個あたり100万円から340万円を代金として受け取っていたそうだ。またインドでは腎臓1つを売れば一生暮らせるだけの金がもらえるので、臓器摘出病院の前に売却希望の人がいつも待機しているそうだ。
http://www.webmarket.co.jp/kansai-j/kenkou/kenkou03.html

◆ナイジェリアで横行する「赤ちゃん売買」、その背景にあるものとは
犠牲者の1人となったある18歳の少女が、恐怖の1週間の体験を語った。妊娠5か月のときにクリニックに誘い込まれた少女は、中に一歩足を踏み入れたとたんに注射を打たれ、意識を失った。起きたとき、自分がレイプされたことに気づいた。医師に「自分の居場所を知らせるために家族に電話をしたい」と申し出ると、顔を殴られ、19人の少女が閉じ込められている部屋に押し込まれた。みんな、自分と同じ経験をしていたことを知った。少女は翌日も医師にレイプされたという。1週間後、警察の摘発により、少女たちは救出された。 
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2536925/3505710

【送料無料】 レッドマーケット 人体部品産業の真実 / スコット・カーニー 【単行本】

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/04/04 07:25 ] 臓器移植・医療の問題 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。