ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

光市母子殺害の実名本、死刑囚側の敗訴確定

山口県光市母子殺害事件で当時18歳だった大月(旧姓福田)孝行死刑囚(33)が、実名や顔写真を載せた本の著者や出版元に、出版差し止めと損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は29日までに、大月死刑囚側の上告を退ける決定をした。権利侵害はないとした二審・広島高裁判決が確定した。決定は25日付。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29H1H_Z20C14A9CR8000/

問題になっているのは増田美智子さんの「福田君を殺して何になる」。
一審・広島地裁はプライバシー権や肖像権の侵害を認め、著者側に66万円の支払いを命じたが、出版差し止めは認められなかった。

問題となった大月孝行が出した手紙
「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」
犬がかわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか」
『もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』
『オレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』
(妻子を殺され陵辱され、死刑求める夫に対して)『ま、しゃーないですね今更。ありゃー(テレビに出て極刑訴える夫は)調子付いてると僕もね、思うとりました。』

安田弁護士(死刑廃止派)らの弁論
「遺体を強姦したのは、生き返らせるための魔術的儀式」
「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」
「(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」

大月孝行の法廷での質問回答
「赤ちゃんの遺体を押し入れの天袋に隠したのは、ドラえもんが何とかしてくれると思った」
「赤ちゃんをあやそうと抱いたら、手が滑って頭から落ちた」
「死んだあとで服を脱がしたのは、女性だったら恥ずかしくて反応するかと思って」
「精子を女性の体内に入れたら、生き返ると本で読んだ」
「死刑になったら天国で弥生さんと結婚して夕夏ちゃんの父親になるかもしれないから僕を死刑にしないほうがいい」
「弥生さんは、洋さんが怒っているのを喜んでいないと思う」

大月孝行の父親 本村さんに対する過去の発言など
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-1184.html



にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
[ 2014/09/30 19:05 ] 光市母子殺人事件 | TB(-) | CM(-)

光市母子殺害、死刑囚が再審請求へ

1999年に山口県光市で起きた母子殺害事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪で死刑が確定した大月(旧姓・福田)孝行死刑囚(31)が29日、広島高裁に再審請求する。死刑囚の弁護団が28日、明らかにした。
判決によると、大月死刑囚は18歳1カ月だった99年4月14日、光市の会社員本村洋さん宅で、妻弥生さん(当時23)の首を絞めて殺害し、強姦。長女夕夏ちゃん(同11カ月)も殺害した。
一、二審は更生の可能性を重視して無期懲役としたが、2006年に最高裁が事件の悪質性などから破棄。
差し戻し後の二審・広島高裁判決が死刑を宣告し、今年2月に最高裁第一小法廷が被告側の上告を棄却する判決を言い渡し、同3月に死刑が確定した。
大月死刑囚は公判の途中から「被害女性の口をふさごうと手で押さえつけ、死なせてしまった」と殺意を否認。
弁護側は再審に向け、心理学や法医学の鑑定書を新証拠として提出する考えを明らかにしていた。
http://www.asahi.com/national/update/1028/OSK201210280060.html
[ 2012/10/29 12:48 ] 光市母子殺人事件 | TB(-) | CM(-)

光市母子殺害 「生きて償いたい」 大月死刑囚が再審請求へ

少年時の山口県光市母子殺害事件で殺人や強姦(ごうかん)致死罪などに問われ、3月に死刑が確定した大月孝行死刑囚(31)の弁護団は26日、確定した広島高裁の差し戻し審判決に重大な誤りがあるとして秋にも同高裁に再審請求することを明らかにした。東京都内で開いた報告集会で表明した。
主任弁護人の安田好弘弁護士は「8月に弁護団の会議を開いた上で、10月ごろには再審請求する方向だ」と述べた。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120526-957618.html

大月死刑囚は人の命を簡単に奪いながら自分はなんとしても生き延びたいと考えているのだろう。
そうやって反省せず「生き延びたい」と思えば思うほど自己が死刑の恐怖に脅かされることになり、今獄中の彼は毎日を生きた心地もなく生きているだろう。
自業自得である。

安田弁護士になったばかりにドラエモンや蝶ちょ結びをでっちあげ、判決文に「真摯に反省する態度がなかった」ことで死刑判決が下って大月死刑囚もさぞかし悔しいだろう。
どこかで本当の意味での自分の過ちに気がつけば死刑は怖くなくなるのである。

大月死刑囚の発言
「死刑になったら天国で弥生さんと結婚して夕夏ちゃんの父親になるかもしれないから僕を死刑にしないほうがいい」

「弥生さんは、洋さんが怒っているのを喜んでいないと思う」

大崎死刑囚が知人に出した手紙
「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」

「犬がかわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか」

『もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』

『オレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』

(妻子を殺され陵辱され、死刑求める夫に対して)『ま、しゃーないですね今更。ありゃー(テレビに出て極刑訴える夫は)調子付いてると僕もね、思うとりました。』

「赤ちゃんの遺体を押し入れの天袋に隠したのは、ドラえもんが何とかしてくれると思った」

「赤ちゃんをあやそうと抱いたら、手が滑って頭から落ちた」

「死んだあとで服を脱がしたのは、女性だったら恥ずかしくて反応するかと思って」

「精子を女性の体内に入れたら、生き返ると本で読んだ」

安田弁護士(死刑廃止派)らの意見
「遺体を強姦したのは、生き返らせるための魔術的儀式」

「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」

「(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」

大月孝行の父親の発言

報道ステーション
・(親としての責任は?と問われて)
 「ぼくにできることは何もない」「責任、責任ってほなオレにどうせぇっちゅうんじゃ」

・被害者に謝罪を一度もしていない。理由は「時間がなかった」

・加害者親父の普段の生活を聞いた記者に、時間があるのでは?と聞かれ
 「正直、気まずいというか、被害者を下手に刺激しないほうがいいやろ」

・7年間息子の面会に一度もいってなかった

・報ステで面会をして「成長しているようで安心した」「家のことは心配するなと言った」

・事件の晩に息子に「おまえがやったんじゃないか?」と聞いた

・「少年法の精神は更正を目的にしている」

・「罪を憎んで人を憎まず」

・「(こいつが事件を起こしたのは)他の大人にも責任がある」

「今日の出来事」
・「はっきりいってオレは関係ない」

・「たまたま息子が犯罪を犯しただけ」

・「こっちもたまったモンじゃない」

・「昔の粋がった手紙をだして、今も反省してないというのはおかしい」

・「(検事、裁判官に)あとで後悔しなくてもいいような判決をだして欲しい」

その他
・本村さんに「アンタも再婚して新しい家庭を持ちなさい」

・「加害者の会を作ってやる」

・殺された奥さんの事を、いい女だからヤリたいと親子で話してた
(逮捕当時の、犯人の友人のインタビュー)
長い物でも、、、巻かれないさんより引用

大月孝行の家庭環境
父親が自宅に連れ込むなどフィリピン女性と浮気を繰り返し、母親が首吊り自殺、第一発見者が大月孝行であった。その後、息子が逮捕されるが、7年間一度も面会にも行かずに、フィリピン女性と再婚し子供を作って、今は大月という名前で他人の養子になったことをいいことに、「あの息子はなかった」ことになっている。

【送料無料】殺された側の論理

【送料無料】殺された側の論理
価格:880円(税込、送料別)


にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ





[ 2012/05/27 15:10 ] 光市母子殺人事件 | TB(-) | CM(-)

山口・光市の母子殺害事件 正式に死刑が確定

山口・光市の母子殺害事件で、殺人などの罪に問われていた大月孝行(旧姓・福田)被告(31)の死刑が、正式に確定した。
犯行当時18歳だった大月孝行被告は1999年、光市で、会社員・本村 洋さんの妻と生後11カ月の長女を殺害した罪などに問われ、差し戻しの控訴審で死刑判決を受けたあと、2月、最高裁に上告を退けられていた。
大月被告は、判決を不服として異議を申し立てたが、最高裁が16日までに異議を退ける決定をしたことから、死刑が正式に確定した。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00219349.html

死刑制度は日本が世界に誇るべき物の一つである。
殺された側の人権が死刑によって多少なりとも守られることになると思う。
殺人犯の命であっても貴重な命であるという考えもわからないわけではないが、罪状によっては死を持って償い、本当の反省しなければならないものもある。

死刑判決を受ける前の犯罪者の心理と受けた後の心理には大きな差があり、自分の死を自覚することによって犯罪者は命の尊さや生に対する執着、殺されることの恐怖を改めて認識し、それが心の底からの反省となる場合が多い。
宅間のようにまったくそういった反省のないように見える人間もいるが大半は「死刑」と宣告されて死への恐怖を毎日感じながら生活し被害者のことを思うのである。

「死刑になったら天国で弥生さんと結婚して夕夏ちゃんの父親になるかもしれないから僕を死刑にしないほうがいい」

「弥生さんは、洋さんが怒っているのを喜んでいないと思う」

と法廷で語った福田孝行。手紙の中の数々の暴言、これを彼がまだ幼いからだとする意見もあるが、死刑にならいことを確信し、単に調子に乗っていただけである。

19才で罪を犯し二人の人間を欲望のために殺害。
彼は自分がなんのために生まれてきたのか、彼自身に考えて欲しい。
「自分のようなことをすると国から命を奪われることになる」それを死を持って世間に知らしめることで役に立つしかない。

元少年が知人に出した手紙など
「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」
「犬がかわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか」
『もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』
『オレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』
(妻子を殺され陵辱され、死刑求める夫に対して)『ま、しゃーないですね今更。ありゃー(テレビに出て極刑訴える夫は)調子付いてると僕もね、思うとりました。』

安田弁護士(死刑廃止派)らの意見…弁護団は21人構成
「遺体を強姦したのは、生き返らせるための魔術的儀式」
「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」
「(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」

元少年の質問回答
「赤ちゃんの遺体を押し入れの天袋に隠したのは、ドラえもんが何とかしてくれると思った」
「赤ちゃんをあやそうと抱いたら、手が滑って頭から落ちた」
「死んだあとで服を脱がしたのは、女性だったら恥ずかしくて反応するかと思って」
「精子を女性の体内に入れたら、生き返ると本で読んだ」

【送料無料】死刑

【送料無料】死刑
価格:1,575円(税込、送料別)


にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
[ 2012/03/16 21:30 ] 光市母子殺人事件 | TB(-) | CM(-)

鬼畜 大月孝行とその父親

大月孝行の父親の本村さんに対しての誹謗中傷も目に余るものがあった。
死刑確定に弁護士だけでなく、この父親もずいぶんと協力したと言ってもいいだろう。

報道ステーション
・(親としての責任は?と問われて)
 「ぼくにできることは何もない」「責任、責任ってほなオレにどうせぇっちゅうんじゃ

・被害者に謝罪を一度もしていない。理由は「時間がなかった」

・加害者親父の普段の生活を聞いた記者に、時間があるのでは?と聞かれ
 「正直、気まずいというか、被害者を下手に刺激しないほうがいいやろ」

・7年間息子の面会に一度もいってなかった

・報ステで面会をして「成長しているようで安心した」「家のことは心配するなと言った」

・事件の晩に息子に「おまえがやったんじゃないか?」と聞いた

・「少年法の精神は更正を目的にしている」

・「罪を憎んで人を憎まず

・「(こいつが事件を起こしたのは)他の大人にも責任がある」

「今日の出来事」
・「はっきりいってオレは関係ない」

・「たまたま息子が犯罪を犯しただけ」

・「こっちもたまったモンじゃない

・「昔の粋がった手紙をだして、今も反省してないというのはおかしい」

・「(検事、裁判官に)あとで後悔しなくてもいいような判決をだして欲しい」

その他
・本村さんに「アンタも再婚して新しい家庭を持ちなさい

・「加害者の会を作ってやる」

・殺された奥さんの事を、いい女だからヤリたいと親子で話してた
(逮捕当時の、犯人の友人のインタビュー)
長い物でも、、、巻かれないさんより引用

子供が子供なら親も親である。

大月孝行の家庭環境
父親が自宅に連れ込むなどフィリピン女性と浮気を繰り返し、母親が首吊り自殺、第一発見者が大月孝行であった。その後、息子が逮捕されるが、7年間一度も面会にも行かずに、フィリピン女性と再婚し子供を作って、今は大月という名前で他人の養子になったことをいいことに、「あの息子はなかった」ことになっている。

【送料無料】なぜ君は絶望と闘えたのか

【送料無料】なぜ君は絶望と闘えたのか
価格:4,811円(税込、送料別)


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2012/02/21 10:00 ] 光市母子殺人事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード