上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富山県 3人の遺体事件、父親の死後に知的障害のある長女・長男が餓死した可能性

富山県滑川市北野の住宅で3日に見つかった男女3人の遺体は、うち2人が餓死した可能性があることが4日、滑川署の司法解剖などでわかった。同署は、3人はこの家に住む無職大崎正一さん(78)と長女(45)、長男(40)の可能性が高いとみている。
司法解剖の結果、男性2人は死後約1か月、女性は死後1~2週間が経過。遺体は腐敗が進み、死因は判明しなかったが、中年の男女の胃と腸の中はほぼ空の状態だった。
同署によると、長男には重度の知的障害があり、長女も自力では生活ができなかったとみられる。同署は7月下旬~8月上旬、大崎さんが病気などの理由で死亡後、長男、長女と相次いで餓死したとみて調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120905-OYT1T00109.htm

身体障害者の場合と違って、知的障害の場合は親だけで面倒見ている場合が多く、親が亡くなるとほぼ一緒に亡くなってしまうケースが多くなっている。
少し前の日本ならこういった事件はなかったが、日本は民主党政権が与党になって何もかもがおかしくなっている。78歳の高齢者にとって二人の面倒を見続けることはかなりの負担だっただろう。
また東金の成田幸満ちゃん殺人事件のように知的障害者を犯人にでっち上げたり、最近では知的障害者が行方不明になるケースが多発しており何らかの事件に巻き込まれている可能性もある。


にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
スポンサーサイト
[ 2012/09/05 11:39 ] 知的障害者の行方不明事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。