上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大津いじめ事件 悪あがきする市教委

大津市立中2年の男子生徒が自殺した問題をめぐり、市の第三者調査委員会の報告内容に対する検討結果の再提出を求められていた市教委などは28日、提出をさらに7月末まで延期する方針を示した。
「内容の微修正に時間を要しているため」と説明している。
市教委や男子生徒が通っていた中学校は、第三者委が報告書で指摘した「教員の多忙化」など学校現場の課題や問題点について、反省や今後の対策などをまとめて提出することにしている。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130629/shg13062902070000-n1.htm

「内容の微修正に時間を要しているため」、市教委はまた改ざんしたり証拠の隠蔽を図ろうとしているのだろう。
市教委、担任教師、越市長などは、亡くなった男子生徒のことよりも、一貫して責任回避することしか頭にない。
この期に及んでもまだ悪あがきをしようというのだろうか。
担任も市教委もほんらいなら逮捕されていいくらい男子生徒の命を見殺しにして、加害者生徒側に立っている。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
スポンサーサイト
[ 2013/07/01 07:20 ] 大津リンチ自殺事件 | TB(-) | CM(-)

また圧力か? 滋賀・大津で小5女児の顔を殴りつけ自転車奪った男、不起訴に…理由は明らかにせず

自転車に乗っていた小学5年の女子児童の顔を拳で殴った上、自転車を奪ったとして、大津署が強盗致傷容疑で送検した大津市衣川の男性派遣社員(21)について、大津地検は18日、不起訴処分とした。
地検は処分の理由を明らかにしていない。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130618/waf13061817190027-n1.htm

不起訴にしたならば理由を明らかにするべきである。
不起訴というだけでもおかしな処分であるのに、理由を隠すのはなおさらおかしい。

◆小5女児襲って顔を殴り、自転車強奪した21歳男を現行犯逮捕
28日午後8時25分ごろ、大津市本堅田の市道で、自転車に乗って帰宅していた市立小5年の女子児童(10)に男が突然近づき、ハンドルをつかんで女児の顔をこぶしで殴った上、自転車を奪った。
女児は怖くなり、現場から少し離れて110番通報。
駆けつけた大津北署員が強盗容疑で男を現行犯逮捕した。女児にけがはなかった。
同署によると、男は同市衣川の派遣社員、横山大智容疑者(21)
女児とは面識がなかったといい、同署で動機などを調べている。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130530/shg13053002150004-n1.htm
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-2426.html

大津いじめ事件を市ぐるみで加害者をかばい、数々の悪事を隠蔽したのは、人権団体、在日組織、同和関係、創価学会までも絡んでいると言われている。
横山大智容疑者もまたどれかに関係した人物の可能性が高い。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2013/06/19 07:20 ] 大津リンチ自殺事件 | TB(-) | CM(-)

恥ずかしい詭弁 大津市の越直美市長 いじめ法案は「大津の教訓生かされていない」

今国会で成立の見通しとなった「いじめ対策法案」をめぐり、大津市の越直美市長は14日、「第三者機関の設置が義務づけられていない。大津の教訓が生かされているのか」と批判した。
定例市長会見で述べた。平成23年10月に市立中2年の男子生徒が自殺した問題について、越市長は国を挙げていじめ対策に取り組んでいる点を評価した上で、「学校や市教委の調査が不十分だったことが市の反省点。第三者委員会を設置してしっかり調査できた」とし、「調査の公正さを担保するためにも第三者機関の設置を義務付けるべきだ」と指摘した。
また、大津の事件後、全国でいじめが原因とみられる自殺が起こっても情報公開が十分になされていないとの見解を示し、保護者や遺族の知る権利を尊重すべきだとした。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130615/waf13061513450017-n1.htm

最初は加害者側、被告側についていた大津の越市長がいつの間にか、被害者側に立ったふりをして発言し、とうとう「いじめ対策法案」について大津の教訓が生かされていないと反論まで開始。
弁護士という立場で隠蔽アドバイスしたのではないかという疑惑さえ出ていたのに、この豹変振りはさすがに恥を知らない民主党であると痛感した。

mika354.jpg
泣こうとするがなかなか涙の出ない越市長

大津のいじめ事件が注目されるまでは、警察は3度にわたって被害届けを拒否、大津市も被害者が2011年10月に自殺、2013年02月に和解。1年4ヶ月も戦わせてようやく責任を認めて和解に応じたのは、事件の詳細が日本中に知れ渡り、悪党どもが隠し切れなくなった挙句の和解である。

越市長は被害者の訴えに対し和解はしないと受けて立っていたではないか。
突然、前任のふりをしたのは、自分がゆくゆく国政へ出たいために、裁判が長引いてイメージが悪くなるのならば「嘉田知事」に責任の一旦を押し付けて和解の方向へ持っただけである。
今頃どの面下げてこのような批判ができるのだろうか?

【送料無料】いじめ加害者を厳罰にせよ [ 内藤朝雄 ]

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2013/06/17 07:10 ] 大津リンチ自殺事件 | TB(-) | CM(-)

大津イジメ自殺事件:地裁、市に対し学校アンケートを黒塗りにした理由を求める

大津市立中の男子生徒が自殺した問題で、学校が実施したアンケートを「黒塗り」状態で公開したのは違法で精神的苦痛を受けたなどとして遺族が市に損害賠償を求めた訴訟の弁論準備手続きが5日、大津地裁であった。
長谷部幸弥裁判長は、黒塗りにしたり遺族に確約書を書かせたりした理由を補充して次回口頭弁論(7月30日)で主張するよう、市側に求めた。
前回の準備手続きで、遺族側が主張したいじめの内容について、市側はおおむね認めた上で「適切に情報開示せず、遺族の心情を損なってしまった」と反省の弁を述べ、改めて賠償責任を認めた。
一方、一部のいじめ行為については「少年審判の進行を待ちたい」として認否を留保した。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130606/shg13060602050001-n1.htm

自民党に政権が戻ったことで少しづつ追い詰められる、大津の市長、市教委、学校関係者と加害者たち。
滋賀県知事はここぞとばかり沈黙したままである。

この黒塗りの部分が明らかになれば、自殺ではなく投げ落とされたという衝撃的な事実が明らかになるのではないか?
被害者の少年は飛び降りて仰向けで発見されており、当時からおかしいと言われていた。

大津市長は弁護士だということもあり、当時は人権団体に好き勝手させて被害者遺族を黙らせ逃げ切る算段をしていただろう。
この事件は終わりを迎えたが重要なことがまだでていないと思う。



にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2013/06/13 07:00 ] 大津リンチ自殺事件 | TB(-) | CM(-)

大津・中2自殺 同級生2人を家庭裁判所に送致

おととし、大津市で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺した問題で、検察庁は、書類送検された少年2人は男子生徒に暴言を浴びせて脅していたなどとして、24日、脅迫や暴行などの疑いで家庭裁判所に送りました。
家庭裁判所に送られたのは、おととし、大津市でいじめを苦に自殺した中学2年の男子生徒の同級生で、当時14歳だった少年2人です。
警察は、男子生徒は自殺する2週間ほど前の体育大会で、同級生3人から鉢巻きで手足を縛られたり殴られたりするいじめを繰り返し受けていたとして、去年12月、当時14歳だった2人を暴行などの疑いで書類送検し、当時13歳で、刑事処分の対象とならないもう1人の少年については、児童相談所に書類を送りました。
大津地方検察庁が捜査を進めた結果、書類送検された少年2人は男子生徒に暴言を浴びせて脅していたなどとして、24日、脅迫や暴行などの疑いで家庭裁判所に送りました。
一方、当時13歳の少年は暴行などの疑いですでに家庭裁判所に送られていて、大津家庭裁判所は今後、3人について少年審判を開くかどうか判断することになります。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130524/k10014832251000.html

書類送検された少年2人は母親がPTAの少年ともう一人は転向先ですぐに事件を起こした暴力団の親を持つ息子だろう。滋賀県知事と懇意にしているという医者の息子は大目にみてもらえたのかもしれない。

大津市、いじめ事実ほぼ認める 中2自殺訴訟
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-2262.html

mika260.jpg
澤村憲次教育長

世間から注目が集るまで自殺の原因はいじめではないなどとふざけたことを言っていた大津市側だが、2011年10月に自殺、2013年02月に和解、1年4ヶ月も戦わせてようやく市は責任を認めた。
逃げ回っていた加害者生徒も二人が家裁送りに。

亡くなられた男子生徒さんのご冥福をお祈りします。

いじめで子どもが壊れる前に (角川oneテーマ21)

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2013/05/28 07:10 ] 大津リンチ自殺事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。