ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

栃木小1女児殺害事件 勝又被告は無罪主張

平成17年に栃木県今市市(現日光市)の小学1年、吉田有希ちゃん=当時(7)が殺害された事件で、殺人罪に問われている同県鹿沼市西沢町、無職、勝又拓哉被告(33)の弁護人が9日、29日に宇都宮地裁で始まる公判で、無罪を主張する方針を明らかにした。



案の定な展開。
[ 2016/02/09 20:18 ] 今市 吉田有希ちゃん殺害事件 | TB(-) | CM(-)

解決 犯人逮捕 栃木小1吉田有希ちゃん今市殺人事件

栃木・今市の女児殺害事件、32歳男を殺人容疑で逮捕 2014年6月3日15時37分
栃木県今市市(現日光市)で2005年、市立大沢小学1年の吉田有希(ゆき)さん(当時7)が下校途中に連れ去られて刺殺された事件で、栃木、茨城両県警の合同捜査本部は3日、栃木県鹿沼市西沢町、無職勝又拓哉容疑者(32)を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者が明らかにした。
勝又容疑者は1月29日、偽ブランド品を販売目的で持っていたとして、商標法違反で栃木県警に現行犯逮捕された。その後起訴され、宇都宮地裁で公判中。捜査関係者によると、2月中旬ごろ、県警の調べに対して、有希さんを連れ去って殺害したことをほのめかす供述をし始めたとされ、県警は裏付け捜査を進めた結果、容疑が固まったと判断した。
http://www.asahi.com/articles/ASG5X5408G5XUUHB00Q.html?iref=com_alist_6_01

この事件を覚えている方は多いだろう。

mika377.jpg mika378.jpg
犯人の名前は栃木県鹿沼市西沢町、無職勝又拓哉容疑者(32)
有希ちゃんは失踪前、クリーニング店の女性に「眼の綺麗なおにいちゃんが迎えに来るの」と発言していた。
いつもは小学校から自宅までは雑木林が続いて危険なので有希ちゃんの祖母が迎えに行っていたが、この日に限って宅配便がくるため(犯人による偽装)迎えにいくことができなかった。

犯人は帰化人
すでにネットにも出ているが母親が台湾系である。その母親の勝又イミコ容疑者(55)とともに偽ブランド品の販売で逮捕起訴されている。
勝又容疑者は少年時代、後に有希ちゃんが通った同市立小学校に転入した。外国籍でいったん日本を離れたが、1996年8月、台湾の学校から同市立中学に移り、2009年5月、日本に帰化した。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014060300764

事件当時から重要人物としてマークしてて、過去に一度任意で聴取したが、その時は否認している。
県警幹部の話として「心証クロでも物証は何もなし。報道は下野新聞の勇み足だった」と報道。

また栃木県警はこともあろうか、有希ちゃんの遺体から捜査に関わっていた警察官のDNAが検出されるなど失態もあり、一時、、冤罪をでっちあげた足利事件、北関東連続幼女誘拐殺人事件で多くの少女が殺害、行方不明は警察官が犯人ではないかと言われた。
今回も事件当時から目をつけていたため、容疑者のアパートの隣の部屋借りて2年間ずっと張り込んでた。

事件の概要
2005年12月1日栃木県旧・今市市(現・日光市)の市立大沢小一年の 吉田有希ちゃん(当時7歳)が下校途中に行方不明になった。 そして翌2日、自宅から60kmも離れた茨城県常陸大宮市の山林で遺体で発見された

12月1日(木)
14:15頃 同級生の女児三人と一緒に歩いて下校 
14:50頃 小学校の西約一キロの今市市土沢の市道で三人と別れた。
17:20頃 勤務先から戻った母親が学校へ「娘がいない」と連絡。
     教職員らと捜したものの見つからず。
18:00前 母親が知人と大沢駅前駐在所に届けた。
     捜索が開始されたものの発見に至らず。
12月2日(金)
     栃木県警は公開捜査に踏み切った。
14:00頃 野鳥捕獲の下見に来た男性三人が常陸大宮市三美の斎場「おおみや広域聖苑」 の南東約四百五十メートルの山林内で小学校低学年の女児の遺体を発見。 遺棄現場周辺には当日の早朝に人がいた為 遺棄はそれ以前の未明の時間帯とされる。

殺害方法
鋭利な刃物で左胸を十ヶ所前後(12回とされる)刺され 心臓損傷で失血死。
腹部の血液は殆どが流出 。
刺し傷の後は傷の幅は1.5~2cm 一番深い傷は約10cm=刃の長さは10cm以上 。
凶器とされるのはペティーナイフ様の物 くり小刀説 。
死亡時刻は特定されていない 夜間に殺害されたとの推測。
身長一二〇センチ 体重約一九キロ 性的にいたずらされた形跡は無し。
顔のほおには殴られたようなあとが一カ所。
口と両手首に粘着テープをされた形跡。
付近に着衣などの遺留品はなし。
遺体の周囲に大量の血痕があり 遺体を運ぶ途中に落ちたとみられる多量の血痕もあった。
傷口などから流出して遺体に付着していた血液の量は少量。

週刊新潮 2005.12.15
司法解剖の結果、心臓に達していた傷以外のものは、絶命後に付けられた傷と判明しています。
中には背中まで貫通しているものもあった。 

遺体損壊は中国人犯罪の特徴
◆2010年10月 西条男性刺殺事件 中国籍元実習生が殺害、被害者の心臓取り出す 愛媛
西条市明屋敷の独居男性殺害事件で、殺人容疑で逮捕された中国籍の元実習生孔祥猛(コン・シャンモン)容疑者(28)
を逮捕。殺害した車椅子を使用していた被害者の遺体から心臓を取り出す。

◆2003年6月 福岡一家4人殺害事件
松本さん宅に押し入った中国人留学生グループのうち1人が最初に風呂場で入浴中だった奥さんの千加さんを襲い、凌遅刑という体の肉をそぎ落とす方法で殺害。

勝又拓哉容疑者のツイッター
https://twitter.com/takuyaToT

勝又 拓哉 @takuyaToT ・ 7月30日
実装はよ!!スク水+ランドセル、この組み合わせか出来るなら明日から本気を出す!! #ドラゴンネスト #ランドセル

パソコンから被害女児とみられる画像
2005年12月に発生した栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で、栃木、茨城両県警は3日、栃木県鹿沼市の30代の男を逮捕した。捜査関係者によると、男は大筋で容疑を認めているという。男のパソコンから、被害女児とみられる画像が見つかったことも分かった。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/06/03/kiji/K20140603008292980.html

母親は台湾人
週刊文春より
中学の途中まで日本名でなく、小学校の同級生の話として「すごく影が薄くて誰も覚えてない」らしい。地元民「日本語に違和感なく見た目は普通の若者」「母親は化粧が濃く、気性の激しいタイプ、日本語多少カタコト」
茨城の現場の隣の市の骨董市では、若い男女の固定客がつくほどの盛況だったが、地元やくざとトラブルになり骨董市から出入り禁止となる。

1980年生まれの犯罪
酒鬼薔薇聖斗 神戸連続児童殺傷事件
加藤智大 秋葉原通り魔事件
ネオ麦茶 西鉄バスジャック事件
金川真大 土浦連続殺傷事件
片山祐輔 パソコン遠隔操作事件

殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件 / 清水潔 【単行本】

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
[ 2014/06/03 18:45 ] 今市 吉田有希ちゃん殺害事件 | TB(-) | CM(-)

吉田有希ちゃん殺人事件 発生から8年

日光市(旧今市市)大沢小1年だった吉田有希ちゃん=当時(7)=殺害事件が未解決のまま12月1日で発生から丸8年となるのを前に、県警の阿部暢夫刑事部長に捜査状況や事件解決にかける思いなどを聞いた。
-事件発生時は機動捜査隊長だった。
「茨城県警の機動捜査隊長から電話を受け遺棄現場に行き、有希ちゃんのご遺体に向き合った。
人里離れた寒い山の中、全裸で胸を刺されていた。その瞬間『大変な事件を背負い込んだ。
経験したことの無いような事件になる』と思った」
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20131130/1428507

この事件と北関東連続幼女誘拐殺人事件は関連がある可能性が高い。

一向に犯人が捕まらない事件は、朝鮮半島絡み、警察関係者が犯人の可能性がある場合が多いが、今回の事件は、足利事件という冤罪になった事例を考えると、北関東連続幼女誘拐殺人事件・吉田有希ちゃん事件は警察関係者の可能性が高い。
軽度の知的障害がある人を犯人に仕立てて、その結果冤罪だったことが判明した足利事件。
その決め手は逮捕後も北関東で幼女殺害事件が続いたことからだった。

この事件とパチンコ屋で行方不明になった横山ゆかりちゃんの事件、と冤罪であった足利事件は、栃木県警と密接に関係していると思われる。

◆今市事件 女児遺体に付着のDNAのうち一つが当時の栃木県警幹部のDNA型と一致するも「捜査過程で付着」と捜査幹部
http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1253349164/

犯人はほぼネットでは特定されているが、警察が身内を庇えば永遠に解決はない。
下記のニュースは冤罪をでっちあげた足利事件で検出されたDNAと吉田有希ちゃん事件(今市女児殺害事件)で検出されたDNAが一致したというニュース。

◆DNA型が捜査幹部と一致 今市女児殺害、誤って付着
県警は今年4月ごろから、足利事件で犯人とされた菅家利和さん(62)の再審請求をめぐり、被害女児=当時(4)=の下着の付着物に誤って捜査員の汗などが含まれていないか約60人分の照合を行ったところ、有希ちゃん事件の遺留DNA型と元捜査1課幹部のものが一致した。
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091901000870.html
http://www.logsoku.com/r/newsplus/1253457197/

◆北関東で相次いで失踪する女児と、冤罪をでっち上げた警察
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-1978.html

◆今市女児殺害 DNA取り違えで再発防止を指示-警察庁長官
http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1253765325/

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
[ 2013/12/03 20:56 ] 今市 吉田有希ちゃん殺害事件 | TB(-) | CM(-)

栃木の女児殺害事件、全署で情報呼びかけ

平成17年、栃木県の旧今市市、今の日光市で小学1年生の女の子が下校途中に連れ去られて殺害された事件で、警察は事件の風化を防ごうと今年度から県内すべての警察署が月に1度の情報提供の呼びかけに取り組むことになりました。
平成17年12月、栃木県の旧今市市、今の日光市で小学1年生だった吉田有希ちゃん(当時7)が下校途中に連れ去られ、翌日、茨城県内の山林で遺体で見つかりました。
事件のあと、連れ去り現場から遺体の発見現場に向かう地域にある栃木県内の9つの警察署は、毎月、チラシをまくなどして情報提供を呼びかけてきましたが、栃木県警察本部は事件の風化を防ごうと、今年度からは県内のすべての19の警察署で月に1度の情報提供の呼びかけに取り組むことになりました。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365115930/

この事件とパチンコ屋で行方不明になった横山ゆかりちゃんの事件、と冤罪であった足利事件は、栃木県警と密接に関係していると思われる。

◆今市事件 女児遺体に付着のDNAのうち一つが当時の栃木県警幹部のDNA型と一致するも「捜査過程で付着」と捜査幹部
http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1253349164/

◆今市女児殺害 DNA取り違えで再発防止を指示-警察庁長官
http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1253765325/

◆ある警察関係者
足利事件の遺留品のひとつである、犯人の体液が付着した「半そでシャツ」は遺族の請求にも関わらず警察は返還せずに保管を続けている。

またこの後に起こった今市の小1年吉田有希ちゃん殺人事件で有希ちゃんに付着していた、犯人と思われるDNAと1人の捜査官(元捜査一課幹部)のDNAとが一致していることが明らかになり、新聞でも報道された。

今市事件の状況証拠が警察の身内の犯行の線も濃厚であり、仮にそうだとしたら足利事件でなぜ菅家さんが冤罪ので長い間投獄されるという事態が発生したのか、容易に察しがつく。

足利事件で検出されたDNA=今市吉田有希ちゃん殺害事件の犯人DNA=捜査幹部と一致という結果。

◆DNA型が捜査幹部と一致 今市女児殺害、誤って付着
県警は今年4月ごろから、足利事件で犯人とされた菅家利和さん(62)の再審請求をめぐり、被害女児=当時(4)=の下着の付着物に誤って捜査員の汗などが含まれていないか約60人分の照合を行ったところ、有希ちゃん事件の遺留DNA型と元捜査1課幹部のものが一致した。
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091901000870.html
http://www.logsoku.com/r/newsplus/1253457197/

◆北関東で相次いで失踪する女児と、冤罪をでっち上げた警察
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-1978.html

足利事件(冤罪を証明した一冊のこの本) (講談社文庫)

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村
[ 2013/04/06 12:34 ] 今市 吉田有希ちゃん殺害事件 | TB(-) | CM(-)

足利事件と今市吉田有希ちゃん殺人事件 警察官者が犯人の可能性DNAが一致

足利事件と今市吉田有希ちゃん殺人事件の被害者から採取されたDNAには共通してある警察幹部のDNAが検出されています。
犯人が身内であるために菅家さんを犯人としてでっちあげた可能性がでてきました。

読売新聞と下野新聞の記事によるものですがもうすでにネットからは削除されています。
関連の記事ならありました。
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091901000870.html

2005年12月、栃木県今市市(現日光市)の小学1年、吉田有希ちゃん(当時7歳)が 殺害された「今市事件」で、栃木・茨城県警の合同捜査本部が遺体の付着物から複数のDNA型を検出し、このうち一つが捜査にかかわった当時の栃木県警幹部のDNA型と一致したことが19日、捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、元捜査幹部は足利事件で捜査に携わったこともあったという。足利事件のDNA再鑑定をめぐる確認作業の過程などで、今回の今市事件との一致が判明したとみられる。

これまでの捜査で有希ちゃんの遺体に複数付着していた微量の遺留物をDNA鑑定した結果、 複数のDNA型が検出された。元捜査幹部のほか、犯人の可能性がある男のDNA型もあった。 元捜査幹部のDNAは、現場検証などの捜査過程で付着したとみられる。

「捜査過程で付着」したとありますが、どうしてそう言い切れるのでしょうか?菅家さんの時は不一致にも関わらず逮捕して無期懲役の刑が下ったと言うのに。

この警察幹部はのうのうと生活しているのだろうか?
警察の身内贔屓はいい加減にして欲しい。
[ 2010/06/02 22:06 ] 今市 吉田有希ちゃん殺害事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード