上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

植草元教授が逆転敗訴

この裁判結果は国策でしょうね。
しかしながら、裁判の真偽にまで国策が投じられて事実と違う判決がでている日本の司法はもはや司法とは呼べないでしょう。
正義もへったくれもありません。
植草元教授はかわいそうだと思いますが、それを機に執筆活動により一層力を入れて裁判ではないかもしれませんが、国民から無罪を勝ち取ってください。

ちなみにこの裁判長は東京高裁(山本博裁判長)です。この方もある意味悔しかったでしょう。

概要
経済評論家の植草一秀・元大学院教授について「セクハラ癖があることは、業界では有名」などとした「サンデー毎日」の記事をめぐる訴訟の控訴審判決で、東京高裁(山本博裁判長)は18日、名誉棄損を認めて発行元の毎日新聞社に33万円の支払いを命じた一審・東京地裁判決を取り消し、元教授側の請求を棄却した。

問題となったのは04年5月2日号の記事。一審判決は「セクハラ癖は事実」と認めたが「業界では有名」の部分が名誉棄損に当たるとした。

これに対して、山本裁判長は「『業界では有名』の部分は性的モラルが低いことを強調するための記述とみることができる」と指摘。記事全体は真実と認められ、名誉棄損には当たらないとした。


世界を支配する秘密結社イルミナティの知られざる真実!

価格:800円
(2012/1/19 14:57時点)
感想(1件)


スポンサーサイト
[ 2009/02/23 21:21 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)

STOP THE 売国奴 小泉はなぜでてきたか 中川昭一氏が槍玉に

引退すると言っていた小泉はなぜまた表へ出てきたか?
麻生総理の「郵政民営化反対」発言がでたからです。

アメリカのブッシュとの約束で日本の郵政にある400兆円の金をアメリカに流すため、小泉は必死になって前代未聞の参議院で可決されてなかったという理由で衆議院を解散させることまで決行。法律違反ですよ。
選挙では刺客と呼ばれる能力のない立候補(杉村太蔵やのちに逮捕されるホリエモン)を立たせて反対派を弾圧。

この人アメリカから何を引き換えに日本の金を流そうとしたのだろう。なにもらうの?
もらったものはブッシュからの「日本の政治史上最も偉大なるリーダー」というお世辞とあとはなに?
マスコミもこの人にひたすら有利に働くような報道ばかり。

話を元にもどします。
それによって麻生潰しが始まったわけです。まずは麻生の相談役の中川氏の失脚を画策。
ベロンベロンに酔った状態なのは一目瞭然なのにもかかわらず、世界が見守る中記者会見させた、もちろん国益を大きく損なうにもかかわらず、だ。
普通は止めるでしょ。
本当にバカな国。小泉がでてきて日本はもっとバカになった。パフォーマンス政治とやらがでてきたのもこの人から。そのパフォーマンスが見抜けない多くの国民がいる日本。

汗水たらして働いたお金を稼いでも、倹約でお金を使い残し、そのお金を海外に提供している日本人。今からでも遅くはない。なんとしても郵政法案を破棄して欲しい。

麻生の周りから潰していき、孤立化を図るつもりなんでしょう。
私の予想では中川昭一氏は父親の一郎氏のように自殺まで追い込まれるような気がします。
一郎氏も未だに他殺説がささやかれていますね。
足の届く場所での首吊り自殺。変ですよ?

安部さんも同じように側近がやられちゃいましたしね。

知られざる真実

価格:1,890円
(2012/1/19 14:58時点)
感想(12件)


[ 2009/02/23 20:53 ] 暗殺・陰謀・闇の力 | TB(-) | CM(-)

江東区マンション女性殺害事件 星島被告に無期懲役判決

東京都江東区のマンションで昨年4月、会社員女性(当時23)が殺害され遺体が切断されて捨てられた事件で、殺人や死体損壊などの罪に問われた元派遣社員星島貴徳被告(34)に対し、東京地裁は18日、無期懲役の判決を言い渡した。

平出喜一裁判長は「死刑をもって臨むのは重きにすぎる」と述べた。
公判では遺族が死刑を強く求め、星島被告も「死んでおわびしたい」と供述していた。平出裁判長は、被告が公判で反省の態度を示していることなどから「終生の間、被害者の冥福を祈らせ、贖罪(しょくざい)にあたらせることが相当だ」と結論づけた。
[ 2009/02/18 21:12 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)

18日判決 江東区女性殺害

東京都江東区のマンションで08年に会社員女性(当時23)が殺害された事件で、星島貴徳被告(34)に対する判決が18日、東京地裁(平出喜一裁判長)で言い渡される。検察側は、遺体を切断して捨てたとされる被告の行為を視覚に訴えて立証し、死刑を求刑した。審理のあり方も注目された裁判で地裁が選択するのは死刑か、それとも死刑回避か。

事件は、過去の判決例に照らしても死刑を選択するかどうかの境界線上にある量刑判断が難しいケース。殺害されたのは1人だが、遺体が残虐に取り扱われるなど、被告の悪い情状があるからだ。

私の予想では無期懲役だと思います。
[ 2009/02/16 20:21 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)

JR平塚駅連続切りつけ事件 判決公判

昨年7月、JR平塚駅東口で通行人ら5人をナイフで次々切りつけたとして傷害と暴行罪に問われた茅ケ崎市浜竹、無職桜井久枝被告(34)の判決公判が16日、横浜地裁小田原支部であった。山田和則裁判長は懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。

弁護側とも精神鑑定の結果から、桜井被告は事件当時、精神障害の影響を受けており「心神耗弱」だったとしていた。
[ 2009/02/16 20:18 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。