上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

亀戸・女性漫画家殺人事件 吉田陽子さんとカルカッタの悲劇の偶然の一致?

カルカッタの悲劇から
http://www.tpal.net/nukarumi/omake.html

今回はボクがインドを放浪していた時に、カルカッタの安宿で聞いた恐い話だ。

吉田陽子さん(仮名)という日本の女の子がインドを一人で旅してた。
陽子さんはカルカッタのブラックマーケット(市場)のお店で、何気なく自分のカメラを売ったんだ。そんなことは若い旅行者にはよくある話で、まあたいがいは、旅の資金づくりみたいなもんだ。
彼女の場合、別に金に困ってた訳じゃないんだけど、日本人とみると歩いているだけで、あっちこっちから連日カタコトの日本語で「カメラ持ってない?ウォークマン持ってない?」って声をかけられるもんだから、まあ旅のみやげ話ぐらいにはなるかなって感じで、いらなくなったカメラを売ったんだ。

・・・で、しばらくして陽子さんは気が付いた。そういえばインドに入国した時、入国検査でカメラの申告をさせられたんだ、ってね。
このままだと出国する時に、カメラを売り払ったとみなされて、多額のお金を払うことになる。陽子さんは不安になって、けっきょく警察に紛失届を出しに行った。
この紛失届さえあれば、出国検査もかんたんにパスできるだろうし、それにインドの警察がいちいち旅行者の紛失物を探すはずがないと思ったんだね。

そうして陽子さんは紛失届を持って、また旅を続けた。
ところがだ。彼女が真っ正直にカメラの内容を事細かに届けたもんだから、カメラがすぐに見つかったんだ。もちろんブラックマーケットの店主は警察に捕まった。
インドの警察は恐い。店主がいくら真実を言っても信じてもらえず、かわいそうな彼は、足腰が立たなくなる程の凄惨なリンチを受けた。
その後やっと釈放された店主は、怒りに怒った。陽子さんがすでにカルカッタを出てネパールに向かったと知ると、すぐに殺し屋を雇った。

そんなこととはつゆ知らず、陽子さんはネパールで楽しくトレッキングし、それから日本に帰るべくカルカッタに戻ってきた。
彼女はうまく殺し屋からのがれてた、ってことになるね。
でも、これには後日談があるんだ。

カルカッタに舞い戻ってきた陽子さんは恐ろしい話を耳にする。
それは、ネパールで殺された日本人の女の子「ヨーコさん」の話だ。
そう、陽子さんは助かり、同名のヨーコさんが、人違いで殺されたんだ。

吉田陽子さん(仮名)があわてて日本に逃げ帰ったのは言うまでもない
スポンサーサイト
[ 2009/05/05 19:20 ] 東京都 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

亀戸・女性漫画家殺人事件

平成12年9月29日(日)午後1:00分頃 東京都江東区亀戸の「レック亀戸グリーンマンション」604号室、漫画家吉田陽子さん(28)方のベッドで若い女性が死んでいるのを管理人らが見つけた事件です。

警視庁捜査一課と城東署の調べで、女性の首に絞められたような跡があった事から殺人事件として捜査を開始した。
同室の玄関のかぎは開いており、女性はTシャツのみの半裸姿でベッドの上にあおむけで倒れていた。室内に荒らされた形跡はなかった。遺体は死後10日以上たっていてかなり腐乱しており、26日から連日訪れていた国勢調査の調査員が、回ったままだった換気扇からの異臭に気づき発見された。司法解剖の結果歯の治療痕などから、警視庁城東署捜査本部は30日、この女性がマンションに一人で暮らしていた漫画家、吉田陽子さんと断定。また室内でコンビ二エンスストアの9月18日付のレシートが発見された。吉田さんは現場のマンションを自宅兼仕事場として利用していた。

犯人特定の難しさ
交友関係の特定が難しいようです。
マンガオタクの集まりで知り合ったのか、共通の趣味を持つ人達はすぐ仲良くなれるので特定が難しいようですね。

[ 2009/05/05 19:19 ] 東京都 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

広島県廿日市女子高生殺人事件

捜査特別報奨金300万円

詳しくはこちらのページをどうぞ→

平成16年10月5日(火曜日)午後3時ころ,広島県廿日市市上平良の一般民家で,北口聡美さん(当時17歳)が高校から帰宅後,自室で若い男に刃物で刺され死亡,騒ぎを聞きつけて駆けつけた聡美さんの祖母にも重傷を負わせた凶悪事件です。

人を殺しながら今でものうのうと生活しています。
[ 2009/05/05 18:56 ] 広島県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

広島県廿日市女子高生殺人事件

2004年10月5日15時頃、学校から戻って自宅の離れ2階で仮眠をとっていた高校2年の北口聡美さん(17歳)が、侵入してきた男に刃物で左胸ほか10ヵ所近くを刺され出血多量で死亡した。悲鳴を聞いて祖母が母屋から駆けつけたが、男は祖母にも襲いかかり、背中や腹を10ヵ所ほど刺してその後逃走。祖母と一緒に母屋にいた妹は、「助けて、助けて」と言って自宅から約30メートルの園芸店に裸足で駆け込み、
「若い知らない人にお姉ちゃんが刺された」と助けを求めた。

離れの玄関には大量の血痕が残され、階段付近には男が2階に上がったと見られる足跡があったことから、逃げる聡美さんを玄関付近まで追いかけて刺したと見られている。聡美さんは顔に殴られた跡もなく、服も破れていなかった。部屋には争ったり物色されたりした形跡はなく、聡美さんの財布も残されていた。
[ 2009/05/05 15:30 ] 広島県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

時効成立 札幌信金OL殺人事件

2005/12/19 に時効成立

札幌市で1990年12月、札幌信金職員、生井宙恵さん(当時24)が刺殺され、無職、長田良二容疑者(37)が殺人容疑で指名手配された事件は19日午前0時、15年の公訴時効が成立した。西署の調べでは、生井さんは90年12月19日、帰宅途中に行方不明になり、22日午前、自宅から約150メートル離れた民家の軒下から刺殺体で発見された。

道警は西署に捜査本部を設置。付近に落ちていた生井さんの預金通帳に付着していた指紋などから、高校の後輩にあたる無職の男を殺人容疑で全国に指名手配した。男は自宅に「大変なことをしてしまった」とメモを残し、逃亡していた。捜査本部は延べ8万人の捜査員を動員。ことし9月には遺族が有力情報に200万円の懸賞金をかけ、400件以上の情報が寄せられたが、男の足取りはつかめなかった。

警察は何やっているんでしょうね。
[ 2009/05/05 15:25 ] 時効になった事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。