ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

土浦連続殺傷事件、金川真大被告に死刑判決 水戸地裁

茨城県土浦市のJR荒川沖駅や民家で2008年3月、ナイフなどで切りつけられて2人が死亡、7人が重軽傷を負った土浦連続殺傷事件で、水戸地裁は18日、殺人罪などに問われた金川真大(かながわ・まさひろ)被告(26)に求刑通り死刑判決を言い渡した。鈴嶋晋一裁判長は「死刑になろうと無差別に殺害した犯罪史上まれな凶悪重大事件だ。更生の可能性は極めて乏しく、死刑はやむを得ない」と述べた。弁護人は即日控訴した。

判決によると、金川被告は08年3月19日朝、自宅にいた同市の三浦芳一さん(当時72)の首を包丁で刺して殺害。同23日午前11時過ぎ、荒川沖駅の改札口付近などで、事前に用意していたサバイバルナイフや包丁を使い、同県阿見町の山上高広さん(当時27)を刺殺したほか、警戒中の警官を含め7人に重軽傷を負わせた。
無差別に人を殺傷した犯行が「極めて残忍、悪質で、思いとどまることなく犯行に及んでおり、計画的だ」と指摘。

妥当な判決だと思います。
秋葉原の事件も早く判決が出て欲しいですね。
[ 2009/12/18 19:13 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード