上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京・目黒区夫婦殺傷事件

東京・目黒区で80代の夫婦が殺傷された事件で、逮捕された男が逮捕当日、韓国行きの便を予約し、関係者に「今月は親せきの看病で仕事ができない」と話していたことが、FNNの取材でわかった。
木村義昭容疑者(65)は、韓国行きのチケットを予約し、福島空港を訪れた。
そして、空港近くの駐車場を降りたところを、警視庁の捜査員に任意同行を求められ、その後、逮捕されたという。
木村容疑者は、逮捕当日の10日午後、韓国へ向かう便を予約していて、自宅から車で福島空港に向かったところで逮捕されたことが、新たにわかった。
警視庁は、木村容疑者が国外逃亡を図ろうとしたとみている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192956.html

この事件があったときに、私は出国間際の外国人の犯行は可能性があると書いたが、やはり犯人は海外へ逃げようとしていたらしい。
でないと、わざわざ忘れたボストンバッグを取りに戻ることもなかったろうし、そもそもボストンバッグを持って犯行することもなかったと思われる。

この事件は動機が不明である。事件前後の約9時間の行動もまた不明。一部で金目当てとも言われているが、ならばどうして大原道夫さんだけを執拗に追い掛け回し、殺そうとしたのだろうか?
強盗目当てなら自ずと行動が違ってくるはずである。

私が思うのはこの事件は大原道夫さんの殺害が目的であり、金品ではない。
大原さん宅前は昼夜問わず、中目黒駅に行き来する人で絶えないため、強盗に入るには人の目に付きやすい場所であり、公道から同宅敷地内に入り、玄関までは階段が12段もあり、“たまたま目について入る”構造ではないという。
ボストンバッグに入れていた衣服に着替え、靴も履き替えるなど用意周到で計画的なのは明らかである。

目撃情報によると、木村容疑者は大原さんに馬乗りになって「殺してやる」と叫び、胸や背中など10数カ所を刺した。一部は内臓まで達した。悲鳴を聞いて駆け付けた近隣住民2人から引き離された後も、さらに大原さんに襲いかかっており、明確な殺意があったと言われている。

借金が数百万あるということなので、依頼されて殺人をした可能性もあるがもちろんそれを口にすることはないだろうし、強盗殺人になると思われる。それと犯人がうつ病や被害妄想であるというおまけつきかもしれない。
そうなればこの事件は元厚生事務次官宅連続襲撃事件と手口がそっくりである。






スポンサーサイト
[ 2011/02/13 21:32 ] 凶悪事件ニュース | TB(-) | CM(-)

岐阜県郡上市和良町夫婦強盗殺人事件

岐阜県警

事件の概要
2005年1月31日午前8時55分ごろ、郡上市和良町の被害者夫婦が住む自宅前の空き地に、夫(元和良村議会議長、事件当時81歳)が倒れているのを付近の住人が発見して、警察に通報。
夫の蒲録郎さんは頭を鈍器で殴れられた痕があり、横向きに倒れて毛布を掛けられていた。さらに、被害者の自宅車庫の裏で、妻の田恵さん(事件当時78歳)がうつぶせで倒れているのを警察官が発見した。死因は夫婦ともに首を刃物で切られたことによる失血死だった。

室内は荒らされており、特に仏間が酷かったと言う。たんすなどが盗まれている。被害者宅にあった、セカンドバッグも奪われている。事件発覚の前日の30日昼に夫が地元の老人会の総会に支部長として出席していて、その日の深夜に襲われている。

懸賞金
県警は2010年10月30日、犯人逮捕に結びつく有力情報に対し、遺族でつくる団体が上限500万円の謝礼金を支払うと発表した。
また懸賞広告のポスター1万4200枚作製。県内の各施設や近隣警察署に掲示し、情報提供を呼び掛けることになった。
情報受け付けは郡上署、電話0575(67)0110。

[ 2011/02/09 12:49 ] 岐阜県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

土岐市アパート内女性殺人事件

岐阜県警

事件の概要
2004年9月15日 午後0時50分ごろ、仕事を終えて帰宅した夫が土岐市土岐津町にある自宅アパートの玄関で、妻の西尾洋子さん(当時57歳)が頭から血を流して倒れているのが発見し110番した。発見時には既に死亡していた事件。
捜査本部がある多治見警察署は、室内に物色された跡があったことから殺人事件として捜査をしている。
夫は午前9時に出勤し、昼食を取るために帰宅したわずか約4時間の間に殺害されている。

夫が外出している間に強盗に入られてその妻が殺されてしまう事件、未解決事件はすごく多い。

【送料無料】戦後未解決事件史

【送料無料】戦後未解決事件史
価格:680円(税込、送料別)


[ 2011/02/09 12:37 ] 岐阜県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)

柴田 仁志(しばた ひとし)さん行方不明事件

インド

1997年3月3日 成田空港よりタイ、バンコックに向けて出発。
1997年5月25日 ネパールよりミリオンカード盗難の連絡が本人よりあった。
1997年6月10日 インドよりトラベラーズチェック(シティバンク)盗難の電話が本人よりあったが、その後音信不通となってしまった。

仏教修行者に興味を抱いていたと思われ、また本人も修行の道に入りたいという願望もあったように思われるので、そのような場所にいる可能性が多分にある。また、サイババに興味を持っていたとも考えられるとのこと。

確かにサイババに惹かれて帰依する日本人の方達がたくさんブッタバルディーにいると聞いたことがある。
柴田さんが無事ならば家族へ連絡して欲しい。
2004年3月テレビ東京のテレビ東京「徳光和夫の世界感動スペシャル」の協力で母親がインドを捜索している。


[ 2011/02/07 19:53 ] 海外での事件・事故 | TB(-) | CM(-)

太田隆一(おおた りゅういち)さん行方不明事件

アフガニスタン・カブール

1993年9月から1996年12月までアメリカの大学に留学。そして同年12月から一人旅を始め、アメリカからアフリカに渡る。半年間かけ、ジンバブエ、ケニアなどを旅行。

1997年上半期 パキスタンに入国。
1997年7月30日 パキスタンからイランに入国。
1997年8月 在イラン・アフガニスタン大使館でビザ取得。
1997年8月 パキスタンに再入国。
1997年9月2日 カラチに到着。トラベラーズチェックをドルに交換
1997年9月 アフガニスタンに近いクエッタに滞在。Muslim Hotelに宿泊。

そして、1997年9月 クエッタを出発し、アフガニスタンに入国。チャマン、カンダハール、カズニーを経てカブールに到着。トラベラーズチェックをドルに交換。
1997年9月16日に太田さんは家族に手紙を出しており、アフガニスタンからトルキメニスタンかアゼルバイジャン経由でトルコに向かう予定を知らせていたが、トルコに入国した形跡がなかった。
パキスタンのクエッタでアフガン服を購入し、その服装でアフガニスタンに出発したと言われている。

ちょうどこの頃アフガニスタンでは約12年に渡る紛争が起きておりかなり治安が悪かったと予測される。



[ 2011/02/07 19:20 ] 海外での事件・事故 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。