上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1人の死刑を執行 平成19年の香川3人殺害の川崎死刑囚

法務省は26日、平成19年に香川県坂出市で起きた3人殺害事件の川崎政則死刑囚(68)=大阪拘置所の死刑を執行したと発表した。第2次安倍政権発足後の死刑執行は、平成25年2月21日の3人、4月26日の2人、9月12日の1人、12月12日の2人の続き、谷垣禎一法相のもとで5回目。今年の執行は初。

スポンサーサイト
[ 2014/06/30 08:05 ] 死刑囚について | TB(-) | CM(-)

また在日朝鮮人の犯罪 中学生の少女に覚せい剤を注射

京都府警少年課と南署は23日、中学生の少女に覚せい剤を注射し、わいせつな行為をしたとして、覚せい剤取締法違反と児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで京都市南区東九条上御霊町、韓国籍の会社役員金圭一容疑者(56)を逮捕したと明らかにした。同日、起訴された。
逮捕容疑は3月9日、13歳だった京都市在住の中2少女に現金数万円を渡す約束をした上、自宅で覚せい剤を注射し、わいせつな行為をした疑い。
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJP2014062301002527

覚せい剤使用者の再犯が多いのは、脳が快感を記憶しているためである。
韓国籍で会社役員でもある、金圭一容疑者は中2少女に覚せい剤を投与し猥褻行為。いかにも韓国人らしい犯罪である。
中2少女の未来などこの男にとってはどうでもいいのだろう。

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
[ 2014/06/24 17:54 ] 外国人の犯罪・事件 | TB(-) | CM(-)

筑後の夫婦、殺人容疑逮捕 夫実家から元従業員の骨

福岡県筑後市のリサイクルショップを経営する夫婦が窃盗容疑で逮捕、起訴された事件で、県警は16日、リサイクルショップ元従業員で同県みやま市瀬高町広瀬の日高崇さん=当時(22)=を殺害したとして殺人容疑で夫婦を再逮捕した。
逮捕されたのは、中尾伸也容疑者(47)とその妻知佐容疑者(45)。
県警によると、2人の周辺では、親族や元従業員ら数人の行方が分からなくなっており、県警は同日、筑後署に捜査本部を設置し、事件の全容解明を目指す。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/95267

他に殺害された可能性のある方たち
日高さんの高校時代の同級生でともにリサイクル店で働いていた筑後市周辺に住む男性も04年ごろに行方が分からなくなっており、先日骨が発見されDNAで確認済み。
06年3月以降には、妻の知佐容疑者(45)の実妹の夫と、その長男とも連絡が取れなくなった。関係者によると、長男は09年4月に小学校に入学予定だったが、入学していない。
また大家さんA(中尾夫婦の住まいの大家)大家さんB(同上)も行方不明となっている。

また、妻の知佐容疑者の親族は暴力団関係者。
知佐は中洲時代にヤクザの父親の協力を得て貸金業を営んだり、中尾伸也容疑者も援助を受けている。
恐らく、逮捕者は二人だけで済まないだろう。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2014/06/24 17:12 ] 凶悪事件ニュース | TB(-) | CM(-)

長崎ストーカー殺人、主文後回し 二審も死刑 福岡高裁

長崎県西海市でストーカー被害を訴えていた女性の家族2人が刺殺された事件で、福岡高裁の古田浩裁判長は24日、殺人罪などに問われた無職筒井郷太ごうた被告(29)(三重県桑名市)を死刑とした1審・長崎地裁の裁判員裁判判決を支持し、筒井被告側の控訴を棄却する判決を言い渡した。
控訴審で、筒井被告は「僕は、はめられた。真犯人は別にいる」と、1審に続いて無罪を主張。弁護側は「捜査段階の自白は警察官から脅迫を受けており、任意性、信用性がない。仮に有罪を認定したとしても1審判決は重すぎる」として死刑判決の破棄を求めた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140624-OYT1T50151.html?from=ycont_top_txt

弁護や被告の言い分が光市母子殺害事件の様相を呈している。
逮捕時に「自分がやりました」と供述していた筒井容疑者であるが、警察から脅迫された、真犯人がいるなどと詭弁を披露したが二審も死刑となった。
責任能力があると判断されているが、宅間のような妄想性人格障害かもしれない。

検察側の主張
・事件翌日に筒井が着ていたコートや革靴から被害者2人のDNA検出
・筒井が被害者2人の財布を持っていた
・任意同行時に凶器の被害者宅の包丁2本を所持していた
・犯行現場に残っていた足跡と筒井の革靴が一致
・犯行中に家人になりすまし宅配便業者に返答して荷物を受取った
・事件前に「みんな殺す、おまえの家族を殺してでも取り戻すからな」と脅迫
・逮捕直後に「何も弁解することはない。被害者家族に申し訳ないことをした」と話す

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2014/06/24 16:57 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)

放火だったことが判明 11年の2人死亡火災、男を逮捕

放火して2人を殺害したとして、埼玉県警捜査1課と寄居署は12日、同県寄居町西ノ入の無職、新井孝幸容疑者(27)を殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕した。「(自分の家庭のことで)むしゃくしゃしていた」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は2011年12月29日午前5時ごろ、同町富田の自営業、新井治文さん(当時64歳)と母親で無職、好子さん(同84歳)の住む家に放火・全焼させ、2人を急性一酸化炭素中毒で死亡させたとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140612-00000092-mai-soci

被害者の新井さんらは同じ苗字だが、新井容疑者は2人と血縁関係なく、以前に新聞配達をしていた際の配達先だったことが判明。
自分で放火しながら「このこと(火事)が気になって頭から離れない」と自首となった。

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
[ 2014/06/12 23:41 ] 凶悪事件ニュース | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。