上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

府中刑務所 ちり紙で自殺図った受刑者、18日後に死亡

府中刑務所(東京都府中市晴見町)は11日、単独室に収監していた60代の男性受刑者が死亡したと発表した。
発表によると男性は1月23日午前10時40分頃、ちり紙をのみ込んでのどを詰まらせているのを刑務官が発見、意識不明の状態で病院に搬送された後、八王子医療刑務所に運ばれ治療を受けていたが、10日午前5時過ぎに死亡した。地検立川支部と府中署の現場検証の結果、自殺を図ったと断定した。遺書はなかった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120213-OYT1T00068.htm

受刑者の名前が出てないのでなんとも言えないが、これは明らかに刑務所の責任だろう。
刑務所はきちんと受刑者に刑をまっとうさせる責任がある。
しかし、そんな苦しい思いまでして自殺するのだろうか?遺書もないところを考えると、受刑者同士の揉め事で口に突っ込まれたのではないか?


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
関連記事
[ 2012/02/13 19:13 ] 事件・事故・災害 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。