ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

小学生連続首絞め 中1の少年(12)の身柄を確保 関与認める

埼玉県八潮市の住宅地で25日、小学生の男児2人が相次いで若い男に首を絞められた事件で、草加署は
26日、事件に関与した疑いが高まったとして、中学1年の少年(12)の身柄を確保したことを明らかにした。
草加署によると、少年は関与を認めているといい、同署が詳しく調べている。
ただ14歳未満の少年が刑事責任を問われることはない。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/06/26/kiji/K20130626006095310.html

14歳未満の少年が刑事責任を問われることはないのは幼いからだろう、ならばその親に責任を取らせるべきである。
こんなニュースが流れれば模倣犯が出てくる可能性が高い。
女子高生コンクリート事件はアベック殺人事件を模倣し、その裁判結果を見て「あれだけのことをしても死刑にならなかった」と図に乗った関光彦によって市川一家惨殺事件が引き起こされた。
本人は死刑にならないとタカをくくり母親に「高校中退したからもう一度受験勉強をする、どうせ暇だから」と参考書を差し入れさせていた。
しかし関の予想を反して死刑判決、いまだに彼は執行されていない。
子供は「少年が刑事責任を問われることはない」ことを知らない場合が多いことを考えると、安易に報道するべきではない。

【送料無料】子どもの病気の本 [ 榊原洋一 ]

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
関連記事
[ 2013/06/29 07:00 ] 事件・事故・災害 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード