ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

大阪市北区男性死亡 死亡まで数時間放置か、殺人事件と断定

大阪市北区で3日、下着姿で死亡していた男性について、殺人事件と断定された。
大阪市北区の雑居ビルのエレベーターホールで3日、不動産会社社員・札場康之さん(51)が死亡しているのが見つかった。
発見時、札場さんは下着姿で、財布などがなくなっていた。
司法解剖の結果、札場さんの死因は、頭や顔を殴られたことによる硬膜下血腫で、死亡するまで数時間、放置されていたとみられることがわかった。
警察は、何者かが執拗(しつよう)に暴行を加えたとみて、殺人事件として捜査している。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00249320.html

肋骨折れて、全身に打撲痕。
さすがに警察も事件として捜査を開始。

◆大阪・北区の男性遺体、頭と顔を殴られ死亡か
http://www.youtube.com/watch?v=jghRkJXYWQI

また、つい先日も大阪で男性が殺される事件が発生している。

◆胸に刃物、男性死亡 大阪・高槻のマンション
4日午前8時半ごろ、大阪府高槻市辻子3丁目のマンション2階の一室で、胸に刃物が刺さった状態で倒れている男性を勤務先の同僚が見つけ、119番通報した。男性は病院で死亡が確認された。高槻署によると、住人のパチンコ店員(22)とみられ、Tシャツに短パン姿でベッドの上にうつぶせで倒れていた。玄関は無施錠だったが、財布は室内に残されていた。2日は出勤し、4日朝、出勤時間を過ぎても店に姿を見せなかったため、同僚が部屋を訪ねた。男性は1人暮らし。
http://www.asahi.com/national/update/0704/OSK201307040033.html

にほんブログ村 ニュースブログへ
関連記事
[ 2013/07/06 07:10 ] 事件・事故・災害 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード