上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山口・5人殺害 消えた男、山の中に基地を作って潜伏か

山口・周南市の連続殺人事件で、行方をくらませている63歳の男の姉が、FNNの取材に応じた。男が抱えていたトラブルも明らかになった。
7月21日、山口・周南市の山あいの集落で、全焼した住宅2棟から、住人の貞森 誠さん(71)、妻・喜代子さん(72)、山本 ミヤ子さん(79)とみられる3人の遺体を発見した。
さらに22日には、別の住宅で、石村文人さん(80)と河村聡子さん(73)が死亡しているのが見つかった。
司法解剖の結果、石村さんと河村さんの死因は、脳挫傷とわかった。
丸い棒のような鈍器で、頭などを強く殴られ、頭蓋骨を骨折するなどして、即死の状態で殺害されていたことが、新たにわかった。
事件から4日目、24日も重要参考人の男の捜査が、400人態勢で進められている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00250500.html

行き過ぎた村八分がもたらした結果
・容疑者は63歳男
・元々この集落の出身
・神奈川で左官職人をしていたが、15~20年前に両親の介護のため戻ってきた
・集落には神社の掃除などの自治会活動があったが、男は戻ってきた
・当初から「自分はそういうのには一切参加しないから」と断っていた
・数年前(~10数年前)に近隣宅でボヤ騒ぎがあり、その頃から男は「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」の貼り紙を貼る
・両親が亡くなり、男宅の前に数々のオブジェが置かれるようになる(時期不明)
・白いタイル張りの離れは男がコツコツ自分で改装していた
・幼なじみもおり、まるっきり近隣住民と没交渉ではない
・現在行方不明となっている

この男は都会で左官工としてずっと暮していた。その時の同僚曰く「気さくで良い人」
           ↓
両親の介護の為、田舎に戻る
           ↓
男は村おこしを提案したが近隣住人に大反対される。
           ↓
集落で一番若いからと言う理由で草刈を全部一人でやらされていた。
           ↓
男は被害者に退職金を配るよう言われていた。
           ↓
男は被害者に胸を刺され刑事事件となる。
           ↓
自治会を抜け村八分(イジメ)にあう。この頃から安定剤(通院は不明)を飲み始める
           ↓
被害者宅で謎のボヤ
           ↓
仲の良い近所の人からゴールデンを貰い可愛がっていた
           ↓
被害者が男の家の近くで農薬を撒く。風で農薬が室内に入り男は犬を(農薬)で殺す気かとどなる
           ↓
2年前に張り紙 「つけびして煙よろこぶ田舎者」。「つけび」とはこの地域での稲藁を燃やす風習の事
           ↓
嫌がらせがエスカレート、警察に相談
           ↓
事件前に被害者の一人が落ちていた犬の糞に対し男に注意をした
           ↓
積もり積もった恨みから住人を惨殺。

【送料無料】津山三十人殺し [ 筑波昭 ]

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
関連記事
[ 2013/07/25 17:10 ] 凶悪事件ニュース | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。