上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

危険なアフリカ ケニアで邦人が銃撃され死亡

アフリカ東部ケニアのモンバサで起きた武装強盗団による銃撃事件で、亡くなった東洋建設(東京)の協力会社社員小川悟さん(51)の遺体を乗せたエミレーツ航空機が19日午後5時すぎ、関西国際空港に到着した。
 現地入りしていた協力会社「イーストマリン」社長で兄の小川淳さんも、遺体に付き添い帰国した。関空で会見し、「ただただ残念としか言いようがない。いまだに実感がない」と、憔悴(しょうすい)した表情で心境を語った。
 大阪府警は刑法の国外犯規定に基づき、強盗殺人容疑で捜査。遺体を門真署に運び司法解剖するとともに、捜査員の現地派遣を検討している。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071900924

背後から心臓撃たれ即死状態。
小川さんはモンバサ港で作業船舶の管理などを担当。
現地時間の15日午前11時半(日本時間15日午後5時半)ごろ、 ケニア人の男性運転手と港から車で約20分離れた銀行に行き、現場で使う資金として 現金約270万ケニアシリング(約270万円)を下ろした。
車にのって現場に戻る途中で襲われたとのこと。
運転手はなぜか無事。おそらくグルだった可能性が高い。


にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
関連記事
[ 2013/08/09 07:00 ] 海外での事件・事故 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。