ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

八王子スーパーナンペイ事件 控訴審も中国人引き渡し認める

東京都八王子市のスーパーで1995年に女性3人が射殺された事件で、実行犯を知っている可能性があるとされるカナダ在住の中国人の男(42)について、カナダのオンタリオ州控訴裁判所は23日、日本への身柄引き渡しを認めた一審の決定を支持し、弁護側の控訴を棄却する決定を出した。
男の弁護人によると、最高裁に上告するかどうか検討中という。
警視庁は他人名義のパスポートを使ったとして旅券法違反容疑で男の逮捕状を取り、カナダ当局に引き渡しを要請。一審は昨年9月、引き渡しを認める決定を下したが、弁護側が控訴していた。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201309/2013092400161

使われていた拳銃がフィリピン製の拳銃「スカイヤーズビンガム」であることがわかり、この拳銃は40代の元・暴力団組員の男が東京都内のマンションに覚せい剤とともに隠し持っていたことから、現在刑務所に収監されている暴力団に事情聴取して犯人であろう中国人が判明している。

該当していると思われる事件
◆シイタケの乾燥剤装い密輸 覚せい剤所持容疑で逮捕
警視庁と埼玉、千葉両県警などの合同捜査本部は29日までに覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、東京都葛飾区亀有、指定暴力団松葉会系組員箕輪義浩容疑者(43)と住所不定、無職畑野政介容疑者(41)を逮捕した。
警視庁によると、覚せい剤は1月5日、中国から東京港に輸入されたシイタケの段ボール箱の中に乾燥剤を装って入れられていた。
逮捕容疑は1月15日、東京都足立区の路上でレンタカーの中に覚せい剤約1キロを営利目的で所持した疑い。2人は「覚せい剤とは知らなかった」と容疑を否認しているという。
「シイタケに偽装して覚せい剤が密輸されている」との情報があり、東京税関が検査で発見。
覚せい剤を受け取った畑野容疑者らを警視庁の捜査員が職務質問し、逮捕した。

ソース:47NEWS 2009/01/29 11:51
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009012901000393.html

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
関連記事
[ 2013/10/01 07:00 ] 東京都 未解決事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード