上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

理不尽な判決 千葉大生強殺、1審死刑判決を破棄し無期懲役

千葉県松戸市で2009年10月、千葉大4年の荻野友花里さん(当時21歳)がマンションの自室で殺害された事件で、東京高裁は8日、強盗殺人罪などに問われた無職竪山(たてやま)辰美被告(52)を死刑とした1審・千葉地裁の裁判員裁判の判決を破棄し、無期懲役の判決を言い渡した。
村瀬均裁判長は「殺害された被害者は1人で、犯行に計画性はない。同種事件で死刑がなかった過去の例からすると、死刑の選択がやむを得ないとは言えない」と指摘した。
読売新聞 10月8日(火)10時49分配信

◆村瀬均裁判長は裁判員裁判の死刑を無期にする常習犯
青山強盗殺人:死刑破棄し無期 裁判員裁判で初 東京高裁(2013年06月20日)妻子に対する殺人罪で20年間服役し、出所半年後に東京・南青山で男性を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われた無職、伊能和夫被告(62)の控訴審判決で、東京高裁は20日、死刑とした裁判員裁判の1審・東京地裁判決(2011年3月)を破棄し、無期懲役を言い渡した。

◆竪山辰美 法廷発言集
「現金を奪った後、荻野さんが缶ビールを2本出してきてくれ、身の上話などをし、相談し合う雰囲気だった」
「包丁の取り合いになり、荻野さんを押した時に、包丁が刺さっていた」
「私が悪いのではない。荻野さんが包丁を取りにくるから悪いのだ」

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
関連記事
[ 2013/10/15 07:00 ] 千葉大学生殺人事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。