ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

マスコミが報じない ミスインターナショナル “ストーカー脅迫” 元恋人がヤクザに追われ怪死の噂

日本のみならず世界でも注目されている、日本芸能界の暗部を露呈した「ミスインターナショナル脅迫事件」。
世界有数のミスコンにおいて、2012年に日本人で初のグランプリを受賞した吉松育美(26)が、大手芸能事務所の幹部に“ストーカー脅迫”されていたという疑惑だ。
昨年12月16日には外国特派員協会で、吉松本人が記者会見まで開く騒ぎとなっている。
この事件の裏で、ついに死人が出たという噂が正月そうそう流れてきている。

「疑惑の渦中にいる大手芸能事務所幹部、彼の元恋人だったと言われていて、怪死した川田亜子アナ(満29歳没)。
彼女の元恋人Xさんが現在行方不明になっているんですよ。この男性は川田さんの元恋人と言われており、別れた後に週刊誌などに彼女のネタを売り歩いていたこともあり、一部ではよく知られていた。彼がここ数年、俺は“闇勢力”に追われていると言って逃げまわっていたんです」(スポーツ紙記者)

大手芸能事務所幹部氏に今回おきた騒動も、川田亜子さんの怪死事件が絡んでいる。
08年に川田亜子さんが港区の路上で練炭自殺したという事件だ。吉松の海外エージェントであるマット・テイラー氏も、
川田亜子さん最後の恋人と言われていた人物。テイラー氏と幹部氏は、金銭トラブルで裁判となっているなど、関係者が実に複雑に絡んでいる。

「実際Xさんは数年前にも、見ず知らずのヤクザに拉致されてボコボコにされたと言っており、それで入院していたことも。ただし、今回は完全に行方不明状態。マスコミやアンダーグラウンドな業界では『死んだらしい』なんて噂が流れているんですよね」(同前)
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140102/Mogumogunews_142.html

◆ミス・インターナショナル吉松育美さん、威力業務妨害でケイダッシュ幹部の谷口元一氏を訴える
昨年、日本人初のミス・インターナショナルに選ばれた吉松育美(26)が、大手芸能事務所ケイダッシュの幹部で、関連会社パールダッシュ社長の谷口元一氏を12月11日、威力業務妨害で警視庁に刑事告訴、あわせて東京地裁に民事提訴したことがわかった。
吉松によれば、谷口氏は収録現場に押しかけて吉松を追いかける、実家に電話をかける、探偵を使って自宅を撮影させる、仕事関係先に電話をかけるなどの、執拗につきまとう“ストーカー行為”で業務を妨害したという。
谷口氏は、吉松の海外エージェントであるマット・テイラー氏と以前からトラブルになっており、テイラー氏に1000万円の借金返済を求めていた。

収録現場に現れた谷口氏
http://s-bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/5/6/140/img_5642ca96b1bb0f1787c06fe29e9627c325094.jpg

◆ミス世界一が特派員協会で脅迫被害訴え…大手事務所幹部「川田亜子は自殺しました。彼女のようになる事を心配しています」
コトの発端はその谷口氏が、吉松の海外エージェントであるマット・テイラー氏との間に金銭トラブルを抱えていたこと。テイラー氏が借りたカネを返さないことに腹を立てた谷口氏が、怒りの矛先をカネの貸借に関与していない吉松に向けたという。
谷口氏はテレビの収録現場に現れたり、自宅オフィスを不審者に盗撮させたり。また、九州の実家に住む吉松の両親にコンタクトを取るなど行動はエスカレート。テイラー氏が08年に自殺した元TBSアナウンサーの川田亜子さんの最後の恋人だったことを伝え、「(川田は)マットに洗脳されて自殺しました。育美さんも同じことになることを心配しています」と不安をあおるような発言もあったという。
会見ではその時の恐怖を思い出したのか、「丁寧な口調でも私も両親も脅迫のメッセージにしか聞こえませんでした……」と時折、声を詰まらせながらも気丈に語ったのだった。

変死で処理された元TBSアナウンサー川田亜子さん殺害事件
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-864.html



ケイダッシュ=Kダッシュ=韓国ダッシュ
谷口元一は創価大卒。

吉松さんも川田アナウンサーと同じような道を選ばされる可能性があったため、ヤクザと手を組む日本のメディアを信用せずに、「自殺」にされないように事前に海外メディアに向けて大騒ぎしてみせたのだろう。
小汚い朝鮮ヤクザが日本の美女に憧れてストーカーを繰り返し、死に追いやる、または自殺、変死として処理した可能性は高い。
朝鮮ヤクザ、創価、ヤクザに対して屈しない彼女を日本人ならば応援すべきだろうが、おそらく、彼女の親族を含む知人関係者には創価の嫌がらせが延々と続き、誰かが飛び降り自殺するまで執拗に攻撃するだろう。
彼女は世間、世界へ向けて発信し続けるべきである。

吉松育美オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/ikumi-621/

吉松育美Twitter
https://twitter.com/ikumiyoshimatsu/

2013年12月11日(水) 心配してくれている皆様へご報告
http://ameblo.jp/ikumi-621/entry-11727513744.html

2013年12月13日(金) 記者会見/皆さんの声届いています
http://ameblo.jp/ikumi-621/entry-11728594846.html

2013年12月16日(月) 外国人記者クラブにて記者会見
http://ameblo.jp/ikumi-621/entry-11730562968.html

2013年12月19日(木) 世界中へ発信 Newsweek "The Daily Beast"
http://ameblo.jp/ikumi-621/entry-11732150709.html

2013年12月22日(日) 信じがたい事実…
先日、私の弁護士の調査で信じがたい事実が出てきました…
今年の10月18日朝方、谷口氏側の依頼で私の自宅に執行官が入り、自宅の中を調べたそうです。
9月に谷口氏から家族に電話があった際
「不動産執行のために私の家に、執行官と鍵屋さんを連れて無理矢理鍵を開けて中にはいることになる。」
と言っていたことを思い出しました。
しかし、テイラー氏との問題を理由にあげても不動産執行は法的にも不可能であることを知った彼は、次に動産執行という手を使って執行官に嘘を付き私の自宅を調べたのです。
なぜならば、私の家は当たり前ですが「私の名義」であり、他の誰のものでもありません。住所登録も私が世帯主で登録されています。同居人などいません。
なので、テイラー氏の問題を理由にしても、私に対して不動産執行はできないのです。
もちろん、私の家を調べた執行官は「テイラー氏のものは見つからなかった」という結論に至っています。
弁護士には「法的に私の家に執行官が入るなど、あり得ない」と言われていたので、ただの脅かしかと思っていました…
しかし、本当にやるんですね。彼は。。。
なぜ裁判所の執行官でもあろう方が、どうして全く関係ない第三者の家に入ることになったのか。
調査によると、谷口氏が雇った探偵からの資料を執行官に見せ、テイラー氏が私の住所に住んでいると説得したようです。執行官にまで嘘付き、私の家の中をも調べ上げるなんて…
怖くて仕方がないです。
また、執行官が私の自宅入った日、10月18日はブログをみたら分かりますが、私は長期間アメリカにいました。
もし仮に、私が自宅にいたとして「ここは私の自宅です」と一言、言えば執行官はそれ以上調査をすることができません。
きっと、私がアメリカにいっている期間を狙ったのでしょう…。私のスケジュールはブログを見れば、誰でも分かることですから。
執行官も世帯主が関係ない人物だと調べればすぐに分かることなのに、たった探偵からの資料を信じて、第三者の自宅調査をする判断を下してしまったことに疑問を持たざるを得ません。
とにかく、私のスキャンダルになりそうなものを探し出したかったのでしょう。
http://ameblo.jp/ikumi-621/entry-11734264707.html

事の発端
吉松氏は昨年のグランプリ覇者として、今年の世界大会で次期受賞者に王冠を渡す予定だったが、ミス・インターナショナル本部から呼び出され、「体調不良を理由に自粛してくれ」と告げられたという。これについて吉松氏は、谷口氏がミス・インターナショナルの協賛企業に圧力をかけたからだといい、そのほか事務所移籍のトラブルが発端になって数々の脅迫や嫌がらせがあったと語っている。

◆吉松さんによる外国人特派員協会での会見
http://www.youtube.com/watch?v=gism4R57Tkg

①2012春、ミス・ジャパンになった直後、元K1石井館長が突如現れバーニング事務所へ連れて行かれ、 「日本の芸能界で生きていくためには『掟』として周防会長に認めてもらわなければならない」と言われる。その後も現れ所属を迫られるが暴力団とのかかわりが疑われていることを知っていたのではっきりと断る。
②2012/10/21にミス・インターナショナルとなった後、それまでの事務所をやめ個人事務所に移りたいと伝え マネージャーも了承し12月で契約も終了。
③しかし12/28、日テレのバンキシャのスタジオに面識のない谷口が突然現れ、「吉松さんは今からうちの事務所所属だ」などとプロデューサーらに嘘をつき控室まで侵入し拉致されそうになる。 ※写真と録音の証拠あり
④以来、谷口はKダッシュの影響力を使い、電通、テレビ局、雑誌、スポンサー候補企業などに対し、吉松氏と関わったらスキャンダルをバラまくと圧力
⑤2013/6/13から谷口が吉松さんの実家・父の職場にまで電話をするようになり娘を説得するよう要求。 谷口が故・川田亜子さんの名を上げ彼女のようになるかのように脅迫。
⑥父が「電話をやめてくれ」と言うと、スポンサーへの圧力を口にし、直後、突如スポンサー契約が解除になったことも 。 解除理由は「谷口氏に問題を起こされるのが怖いから」と説明される。 ※電話の内容は録音済み。さらに谷口は、自分とその仲間達を吉松さんの元へ送る必要があると告げる。(直接危害を加えるぞという意味と受け取る)
⑦谷口が吉松さんの父に「忠告を聞いてくれなくて残念です。では娘さんには私がやりたいようにやらせてもらいます」と携帯メッセージ。
⑧谷口が吉松さんの個人事務所に電話をかけ、出た女性を脅す。 吉松さんと事務所に対し「金を払え」と要求し「払わなければ事務所に押し掛ける」と告げる。
⑨「多くのクライアント、テレビ局に吉松さんと仕事するなとの谷口氏からの通達が出ている」と 広告代理店に言われるほどまでに谷口の意向が業界中に知れ渡る。
⑩9/30、谷口が吉松さんの自宅事務所とスタジオに送り込んで自宅をのぞき、盗撮をしていた2人の 顔写真を押さえ、その一人を吉松さんの警備員と番犬が取り押さえて警察に引き渡す。
被害届を出し「死にたくないです」と保護を求めたが、パトロールを行なうというだけで何もしてくれなかった。
⑫10/3、吉松さんは谷口とKダッシュ社長両氏宛に、行動が止まない場合刑事及び民事で告訴すると警告。被害総額は200万ドル(約2億円)という。
警告書を送付後、谷口は「週刊誌に吉松氏の悪評を流す」と脅し、実際2日後に週刊新潮に載る
⑭11/13、東京のミスインター事務局に呼ばれ「谷口氏が大会スポンサーと新株主に対しガセのネタを週刊誌に流すと脅迫している」と告げられる。 ※録音済み
⑮事務局は谷口氏の要求に屈し、当日は病気を理由に世界大会決勝に出席するな、黙っていろと吉松さんに求めた。
⑯12/17、吉松さんの夢絶たれる。日本人初のクイーンとして1年間自費でミスに相応しい行動し、 世界中の女性、子供、コミュニティに貢献するよう務めていた最後の任務を奪われたが公に助けの声が届かない全ての女性に代わって声を上げる事を決意

恐怖に怯えて生きるかもしれませんが、同時に私達には生きる意味があるのです。私は仮病を装いません、私は沈黙もしません、私は屈しません。

告発記者会見全文
http://ikumiyoshimatsu.com/ikumi-yoshimatsus-life-threatened-by-japanese-talent-executive-under-24hr-security/

日本語訳
https://twitter.com/IchigoIchieFilm/status/412960919296028673

おそらく他のミスコン女性、広末涼子、川田亜子もこのような手口で骨の髄までしゃぶり尽くされている可能性が高い。
この事件は絶対に風化させてはならない。
また、藤谷美和子のようにプッツン女優などとして普通の人を統合失調症と言って潰すのは創価の常套手段。

◆広末涼子が朝鮮人ヤクザに包囲されている姿
http://unkar.org/r/news2/1208351051/56-59

◆広末涼子さんと「関東連合」の影
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-2098.html

◆英国・インディペンデント記事:【 ミス・ジャパン吉松育美さん、芸能マフィアとの戦いに参加 】
Miss Japan Ikumi Yoshimatsu joins battle against mafia in the media  [ 2013年12月27日 筆: DAVID MCNEILL ]
http://www.independent.co.uk/news/world/asia/miss-japan-ikumi-yoshimatsu-joins-battle-against-mafia-in-the-media-9027501.html

【送料無料】スキャンダル大戦争(1) [ 鹿砦社 ]

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
関連記事
[ 2014/01/05 13:42 ] 有名人の死亡・事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード