ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

内閣府男性職員殺人事件 もう一人の存在?別人なりすまし?

福岡・北九州市の沖合で、遺体で発見された内閣府の男性職員のものとみられる荷物が、本人とは別の名前で、韓国・ソウル市内のホテルに預けられたままになっていたことがわかった。
1月20日、北九州市の沖合で、遺体で発見された30歳の内閣府の男性職員は、1月上旬、ソウルで開かれる国際会議への出席を届け出ていたが、この職員のものとみられる荷物が、ソウル市内のホテルに預けられたままになっていたことが、関係者への取材でわかった。
荷物は、職員の本名とは別の名前で預けられていて、預けた日付は記録されていないという。
男性職員のその後の足取りは不明で、第7管区海上保安本部などは、事件の可能性も含め、くわしい経緯を調べている。
http://www.youtube.com/watch?v=WaEqgqaI9CU

スパイだったと噂がでている内閣府の男性職員。
死因は発表できないと報道しながら、今頃になって凍死の可能性という報道が出始めた。

偽名を名乗ったのが本人だった場合は、事前に身の危険を察知できる状況にあった、または身元を隠した上で諜報活動をするつもりだった可能性が高いが、偽名を名乗ったのが別人だった場合は、なりすまして殺害発覚後の操作撹乱を狙った可能性がある。

にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
[ 2014/02/06 20:52 ] 暗殺・陰謀・闇の力 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード