上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「東映太秦映画村」そばで75歳男性刺され死亡 韓国籍61歳男逮捕

9日午前10時半ごろ、京都市右京区太秦一ノ井町で「近所の方が刺された」と110番があった。
駆けつけた京都府警右京署員が、近くに住むクリーニング店経営の山本芳弘さん(75)が、刃物で首や腹など数カ所を刺されているのを発見。山本さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡した。
同署は、殺人未遂の疑いで、近くに住む韓国籍の無職、金洙吉容疑者(61)を緊急逮捕し、容疑を殺人に切り替えて捜査している。捜査関係者によると金容疑者は「確かに刺した。十年来の恨みがあった。殺すつもりはなかった」などと供述している。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140309/waf14030913460006-n1.htm

韓国籍でありながら、この男は恐らく生活保護受給者だろう。
犯人は韓国籍の安東泰和こと金洙吉容疑者。
一部の新聞や報道では安東泰和として日本人であるかのように名前を発表している。

人が死んでしまうほど刺しておいて、殺すつもりはなかった、などは虚言である。あらかじめ殺人罪を逃れるため、裁判を意識してこのような発言をしているのだろう。

「罪と罰」の殺人罪

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
関連記事
[ 2014/03/10 14:30 ] 外国人の犯罪・事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。