ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

工藤会トップ逮捕

みかじめ料を断る一般市民らにも平気で銃撃や手榴(しゅりゅう)弾を投げ込み、容赦ない攻撃を加えてきた九州最大規模の暴力団・工藤会。極めて強い好戦傾向を有するとされ、暴力団排除を進める警察と激しく対立してきた。
元漁協組合長銃殺やプレーを拒んだゴルフ場支配人を組員が刺傷するなど、一般市民を巻き込む事件が相次いだ。
また、平成15年8月には組員が暴力団追放運動のリーダー格の経営していたクラブに手榴弾を投げ込み、従業員ら約10人が重軽傷を負う事件も発生。県警は本格的な壊滅作戦に乗り出した。
しかし、その後も、暴追運動に取り組む、北九州市の自治会長宅での発砲事件や建設会社社長が銃撃されて重傷を負うなど事件が続いていた。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140911/crm14091113010012-n1.htm

とうとう組長の野村悟逮捕。恐らく、引き金になったのは二件続いた若松の漁業組合長殺害事件。
前組合長だった父親は路上で射殺され、その跡を継いだ息子さんが去年殺害される。自宅に皆殺しにするという殺害予告が届き、その後、跡を継いで殺害された息子さんの息子さんが若松の漁業組合長になるも、警備が厳しいことから襲撃できず、その息子の歯科医の方が襲撃される。
それとあまり報道されていないが、去年殺害された息子さんの会社に勤務経歴のあった女性事務員も襲われている。

工藤会関係の事件
北九州市若松区の民家で指定暴力団工藤会系の能方毅寛組員(41)=同市八幡東区春の町=と職業不詳入生芳信さん(41)=同市小倉南区上吉田=が刺殺された事件で、福岡、島根両県警は8日、殺人容疑で、知人の自称自営業松木正輝容疑者(45)=同市若松区童子丸=を逮捕した。
市民が仕返しした事件。

2003年には北九州市で「みかじめ料」を拒否した飲食店が暴力団員から手榴弾を 投げ込まれ、従業員ら9人が重軽傷を負う事件が発生している。投げた組員は店員に絞殺されたが、正当防衛で不起訴。

市民に手榴弾、警官に発砲する工藤会。
警察は長年この組織に対してみて見ないフリをし続けていた。
工藤会から逆恨みされていた警察OBが退職後に殺害されたときも機動隊を出してみたものの、格好だけに終わっている。今回、福岡県警は組長逮捕したことで不退転の決意を表したのだろう。

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2014/09/17 09:00 ] 凶悪事件ニュース | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード