上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また老人介護施設で職員が入居者に暴行

和歌山市の老人介護施設で、入所者の84歳の男性に暴行を加えたとして、介護福祉士の男が逮捕された。和歌山市の介護老人保健施設「ラ・エスペランサ」の介護福祉士・野久保 雄也容疑者(29)は、施設に入所している認知症の男性に対し、けったり手で突いたりする暴行を加えた疑いが持たれている。
1月、男性が意識不明になって病院に運ばれたことを、別の職員が不審に思い、防犯カメラを確認したところ、搬送前日の未明に、野久保容疑者が男性に暴行を加えている様子が映っていたという。警察の調べに対し、野久保容疑者は容疑を認めている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00285719.html

この施設では、2014年と2013年、糖尿病ではない入所者5人が相次いで低血糖症で搬送されていて、警察は、何者かが故意に薬を投与した疑いがあるとして捜査を開始している。

遅すぎる捜査開始。低血糖症で搬送されたときに詳しく捜査していれば今回の事件は防げたかもしれない。老人を暴行しても私はやっていない、この人はボケている」と言い訳すれば大抵はごまかせる。
一度味を占めた職員がストレス解消に老人に対して暴行を加える事件が後を絶たない。
男の介護士だけが暴行を犯しているわけではなく女性職員による老人への暴力事件も多い。

■介護施設の50人避難へ=薬投与か?低血糖で搬送-和歌山 2014年02月05日
和歌山市中島の介護老人保健施設「ラ・エスペランサ」(中谷浩久理事長)で昨年12月下旬以降、認知症の入所者5人が相次いで原因不明の低血糖状態に陥り、病院に搬送されていたことが分かった。施設は5日、安全を確保するため5人がいた別館の入所者50人全員を他の高齢者施設に避難させる方針を決め、受け入れ先を探し始めた。県警和歌山東署は、何者かが血糖値を下げる薬を投与した可能性もあるとみて、傷害容疑で4日に施設を家宅捜索した。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】自殺の9割は他殺である [ 上野正彦 ]

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/02/06 08:05 ] 老人・子供虐待・いじめ事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。