上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

川崎中1殺害 18歳少年の自宅の家宅捜索始まる

川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)が遺体で見つかった殺人、死体遺棄事件で、神奈川県警川崎署捜査本部は28日、殺人容疑で逮捕した18歳少年の自宅を家宅捜索した。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0228/san_150228_9442536451.html

捜査本部は28日、3人を送検、18歳の少年宅を家宅捜査。
17歳の少年二人は18歳の少年が刺したと供述をしているが、18歳の少年は「家にいた」と嘘らしきものを貫いている。
父親もまた「息子は家にいた」と言っているように、この少年は親から「現場にいたとは言うな」と言われてから、弁護士と共に警察署に出向いたのだろう。

あいまいになった大津いじめ事件でも加害者の少年らが警察から事情を聴かれても「知らない、わからない」を通したことと同じである。
親は子がかわいいもの、しかし犯罪を犯したわが子に対して「嘘を言いなさい、それがあなたのため」という愛情は間違っている。だからこそ、他人を傷つけたり、自殺の練習をさせたり、首を刺したりするような子になるのだろう。
道徳観が親からして欠落している。

人権派団体や人権派弁護士を繰り出して、その後の裁判でも嘘で固めた弁論を繰り返すのだろう。



にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/02/28 12:32 ] 少年犯罪 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。