上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

院生殺害事件 容疑の特命准教授の前園泰徳容疑者が死亡への関与認める供述

福井県勝山市で大学院生の女性が殺害された事件で、14日に殺人容疑で県警に逮捕された福井大学教職大学院特命准教授の前園泰徳容疑者(42)=同市長山町2丁目=が、女性の死亡について関与を認める供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は経緯や動機について調べている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150315-00000002-asahi-soci

任意の事情聴取に「交通事故を起こした菅原さんを病院に搬送した」
OSK201303190092.jpg
前園容疑者 画像は朝日新聞デジタルより


任意の事情聴取に「交通事故を起こした菅原さんを病院に搬送した」といっていた前園泰徳容疑者であるが、犯行を認める供述を始めている。
2人は赤トンボなど生物の研究を通じて知り合い、菅原みわさんを研究者へ引き上げている。
動機は恐らくであるが、恋愛感情のもつれの可能性だろう。

被害者の菅原さんは昨年わざわざ東邦大大学院を休学して、今年1月、千葉県から勝山市内に転居。前園容疑者の研究や活動を手伝っていた。

最初は研究者になりたかった菅原さんと、愛人が欲しかった40代の前園泰徳容疑者との利害が一致し、持ちつ持たれつの関係だったが、そのうち女性方が熱を上げてしまったのだろうか。
不倫殺人ではそういったパターンが多く、妻子のいる男性に結婚をせまり、男性は邪魔に感じて殺害するパターンは非常に多い。

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/03/15 06:10 ] 凶悪事件ニュース | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。