上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

兵庫・加古川の7人刺殺事件 判決日を変更

最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は14日までに、兵庫県加古川市で隣家に住む親族ら7人を刺殺したとして殺人などの罪に問われ一、二審で死刑とされた無職、藤城康孝被告(58)の上告審判決期日を、4月24日から5月25日に変更した。
http://www.sankei.com/west/news/150414/wst1504140078-n1.html

一審 神戸地裁 岡田信裁判長 死刑判決。
二審 大阪高裁 米山正明裁判長 控訴棄却 死刑判決支持

事件の概要
兵庫県加古川市西神吉町大国で二家族が親類にあたる無職・藤城康孝(当時47歳)から殺害された事件。7人が死亡。藤城康孝は自殺を図るが死に切れず逮捕となった。
自宅東隣に住むおばの藤城とし子さん(当時80)宅を襲い、おばと次男(当時46)を牛刀で刺し、次男を殺害。自宅西隣にある親類の男性宅を襲撃。男性(当時64)、妻(当時64)、長男(当時27)、長女(当時26)を牛刀で殺害。この中でもっとも恨みをもっていた最初に襲撃したおばの元に行き、虫の息だったおばに止めを刺す。
その時に騒ぎを聞きつけたおば宅の隣に住む長男(当時55)と妻(当時50)が駆けつけたために、牛刀で刺して長男を殺害、妻に重傷を負わせた。その後、自宅に放火して自殺を図る。
藤城と同居していた母親(当時73歳)はすぐに警察に駆け込んで無事だった。

動機
藤城被告は「周囲から見下されている」「人生、清算したかった」と怒りを募らせての身勝手な犯行である。
「妄想性障害」とする精神鑑定書が証拠採用されたために「責任能力あり」と判断され死刑判決が出ている宅間元死刑囚と同じく精神病ではなく人格障害との判断となった。

fujishiro.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/04/17 22:05 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。