ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

日本のタブー 韓国籍による犯罪 京都殺人・死体遺棄事件 崔裕(さい・ひろき)容疑者

京都殺人・死体遺棄事件


京都市左京区の民家で2人の遺体が見つかった事件で、 京都府警は12日、住民の赤羽敬さん(当時54歳)の遺体をスーツケースに入れて放置したとして、この民家に住民登録のある 韓国籍の無職崔裕(さいひろき)容疑者(30)を死体遺棄容疑で逮捕した。 容疑を認めているという。

発表では、崔容疑者は8月上旬~中旬、京都市左京区岩倉幡枝町の民家で、赤羽さんの遺体をスーツケースに入れて 遺棄した疑い。民家からは赤羽さんと、白骨化した50~70歳くらいの女性の遺体が見つかり、いずれも頭部が陥没骨折していた。
民家には赤羽さんと崔容疑者、崔容疑者の60歳代の母親の計3人が住民登録されており、府警は遺体の女性は母親とみて、DNA鑑定を進める。


この事件はある新聞社は「犯人の男が」と報道し、被害者の名前ですら「女性が殺され」と伏せていたので非常に概要がわかりにくい印象があった。
韓国籍の崔裕容疑者が、赤羽さんを殺害し遺体が民家から発見され、その民家から崔裕容疑者の母親の遺体も見つかった、そしてこの三人はその場所に住民登録されていた、ということだが、わざわざ読売が「住民登録」という言葉を使って報道していることを考えると、やはり「背乗り」という言葉が頭に浮かぶ。

3人の特徴


崔裕容疑者は左京区で同級生と居酒屋を経営していたが、わずか1年で閉店。その後建築関係の仕事に就いていた。
近くに住む女性の証言では「高校生の頃はおとなしい印象だった。この10年間ほどは姿を見なかった

崔裕容疑者の母親と思われる遺体は上半身が白骨化。死亡推定時期は今年の春ごろから初夏で死因は不詳と発表されたが、頭部には第三者によって付けられたとみられる傷があった。
赤羽敬さんの遺体はスーツケースの中、ミイラ化しており死亡推定時期は不明。

崔裕容疑者とは


民家で暮らしていたのは服飾デザイン関係の仕事に携わっていた中高年の夫婦とみられる。家には夫婦と子どもら4、5人が暮らしていたとの情報があるが、全員と連絡が取れておらず、府警は見つかった遺体は住人とみて、身元の特定を急いでいる。


ここに住んでいた夫婦と子どもら4、5人全員と連絡が取れていない。
自分の両親が殺害された可能性があるのに子供たちは一体どこで何をしているのか。
崔裕容疑者がこの一家の本当の息子なのだろうか、それとも角田美代子事件のようにいわゆる「背乗り」で一家は消されてしまったのか?
背乗りとは北朝鮮の諜報員や犯罪組織の構成員が、日本人を殺害するなどして行方不明者の戸籍を乗っ取って、その人になりすますことである。

現代日本の謀略事件 (宝島SUGOI文庫)

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/09/13 13:22 ] 外国人の犯罪・事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード