上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中野区 劇団員女性殺害事件 刺青をした不審な男

東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、連絡が取れなくなる直前の女性とみられる映像を入手した。この時の衣服がなくなっていて、警視庁は、犯人が持ち去ったとみて調べている。
暗い夜道を、スマートフォンをいじりながら歩く女性。
これは、8月26日、中野区の自宅で首を絞められ殺害されているのが見つかった、劇団員・加賀谷理沙さん(25)とみられる女性が帰宅する際の、25日午前0時25分ごろの映像。


映像の15分後から、加賀谷さんはLINEのやりとりがなくなっている。
この映像の直後から8月25日午前にかけて殺害されたものだと警察は見ているが、結局、捜査は難航し、事件発生から一ヶ月経過しても犯人逮捕に至っていない。

事件の概要
犯人はこの時着ていた加賀谷さんの衣服を持ち去っている。恐らく証拠となるものが衣服に残っていたために持ち去ったのだろう。
遺体は全裸で発見され、顔にはタオルケットがかけられていた。
また状況から入浴した後に殺害されたものとされている。
強姦の形跡はない。全裸だったのは犯人が衣服を持ち去ったためである。
スマートフォンは室内に残されていたがリュックサックやトートバッグ、部屋の鍵は持ち去られていた。
しかし、犯人の男は深夜にどうやって女性の部屋に侵入したのか。無施錠だったとは考えにくい。

犯人像
犯人は加賀谷理沙さんの帰宅時間を知っていた人物と推測する。
過去に交際していたか、勝手に加賀谷さんに特別な感情を抱いていたストーカーのような人物か、時々加賀谷さんと会っていた男性か。
絞殺された遺体の顔にタオルケットをかけるという行為は、彼女のことをよく知っているので、鬱血して亡くなった顔は見たくない、という心理から顔を覆ったのだろう。
犯人は意外と計画性が高く、犯罪慣れしている印象。というのもスマホを持ち去れば場所が特定されやすいことを知っており、そのまま放置。自分の証拠が残りそうなものは全て持ち去っている。

遺体に付着した皮膚からDNAが検出されているのですぐに犯人逮捕となるのではないか、と思われていたが、このDNAが知人男性のものと一致しなかったことで捜査が難航している。
これにより面識のない人物にまで捜査範囲を広げることになった。

【送料無料】殺人者はそこにいる [ 新潮45編集部 ]

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/10/01 08:55 ] 凶悪事件ニュース | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。