上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東住吉放火殺人事件 再審開始となった理由

大阪市東住吉区で1995年、11歳の女児が焼死した火災で殺人や現住建造物等放火などの罪に問われ、無期懲役が確定した母親青木恵子元被告(51)と、同居相手の朴龍晧元被告(49)が申し立てた再審請求で、大阪高裁(米山正明裁判長)は23日、2012年3月の大阪地裁決定に続いて再審開始を認め、検察側の即時抗告を退けた。刑の執行を26日午後2時で停止することも決めた。



私がブログで書いていた事件、とうとう再審開始となった。
無期懲役が確定した母親の青木恵子(48)と内縁の夫だった朴龍晧(46)両受刑者の再審請求で、大阪地裁の水島和男裁判長が7再審開始を決定。
この事件は有力な物証がなく、朴受刑者の捜査段階の自白を主な証拠として有罪認定、朴受刑者は罪を認めて自白していたが、後になって強要されたと言い出したこと、大学教授等によって放火以外の可能性について指摘があり、再審へと至った。

「大やけどをせず放火することは不可能で、科学的に見て自白は疑わしい」と、再審へ至る経緯の中で、決定的だったのは検察側が行った3回の再現燃焼実験で、可能な限り実際に近い形で再現すると、朴受刑者の自白通りなら大やけどを負うという結果となった。よって弁護側が主張していた自然発火は、ただの抽象的可能性ではなく現実を帯びる。
おそらく再審でもう一度、再現燃焼実験が行われることとなるだろう。

放火か自然発火
マルヨ無線事件でも同じことが争点となっていることを考えると、証拠が残らない放火殺人を、犯人が自然発火と主張、もしくは意図しない形での引火として主張すること、検察がそれを意図的だと証明することはかなり難しい。
1970年に死刑判決がでながら、死刑囚・尾田信夫がいまなお獄中で死刑執行されずにいるのも、強盗に入った先で物は取ったが、石油ストーブを倒して放火はしていない、虚偽の自白をしてしまったと主張し続けているからである。
現在、尾田信夫は最古参の死刑囚。

【楽天ブックス送料無料】冤罪足利事件 [ 下野新聞社 ]

にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
関連記事
[ 2015/11/11 13:30 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。