上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まさに妥当 闇サイト殺人事件 堀慶末被告に死刑判決

1998年に愛知県碧南市のパチンコ店店長、馬氷一男さん=当時(45)=夫婦が自宅で殺害された事件などで、強盗殺人罪などに問われた無職堀慶末被告(40)の裁判員裁判の判決が15日、名古屋地裁であった。



まさに妥当判決。この無職堀慶末被告に対して「更生の余地がある」として無期懲役判決を出した下山保男裁判長は法の番人では非ず。
ハンマーで殺害される際に何度も「殺さないで下さい」と命乞いをしていた被害者の磯谷さんをネットで集まった3人の人間が金を巻き上げて、ゲーム感覚で殺害した。被害者の磯谷さんにはなんの落ち度もない。

3人のうち、神田司死刑囚は既に執行済み。神田は死刑判決が出た際に一度は控訴したものの取り下げて死刑確定していた。
一人は死刑を恐れて自首したことで検察も控訴を諦めて「無期懲役」が確定。
問題は堀慶末受刑囚である。

下山保男裁判長による愚行
堀慶末受刑囚は一審で死刑判決がでたにも関わらず高裁では「無期懲役」に減刑になる判決。
下山保男裁判長は「前歴から更生の余地がある」「殺人被害者が1人の事件で死刑がやむを得ないとまで言えない」とした。

その後、堀の過去の殺人事件が明らかになった、それがパチンコ店店長、馬氷一男さん夫婦殺害事件である。
こんな殺人を繰り返していた男のどこに下山裁判長は「更生の余地」を見出したのだろうか?

2007年に名古屋市で女性会社員が拉致、殺害された「闇サイト殺人事件」で無期懲役が確定した堀慶末受刑者(37)が、98年の愛知県碧南市の夫婦殺害事件に関与した疑いが強まり、県警は3日、強盗殺人容疑で堀容疑者と、仕事仲間だった男2人を逮捕した。県警が昨年設置した、未解決事件に専従する「特命捜査係」が摘発した初のケース。堀容疑者が強盗殺人罪で起訴されれば、闇サイト事件への関与が情状面で裁判に影響するとみられる。



死刑になる目安は殺害した人数にもよるがどれだけ非情で、かつどれだけ世間を騒がせたかにもよる。
「闇サイト殺人事件」は十分世間を震撼させ、冷酷かつ身勝手な理由で人の生きる尊厳を無視した殺人事件である。それだけでも十分死刑に値するのに、過去にこっそりと殺人事件を犯していた凶悪犯を「更生の余地」があるなどとした裁判長が法の番人として日本では認められていることに驚かざるを得ない。
まさに「ふざけるな」である。

闇サイト殺人事件の遺言 「一人だけなら死刑にならない」日本の安全神話が崩壊する / 河村龍一 ...

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/12/15 20:19 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。