ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

川崎中1殺害事件 不定期刑を求刑 横浜地裁

川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年上村遼太さん=当時(13)=が殺害された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格の無職少年(19)の裁判員裁判が横浜地裁(近藤宏子裁判長)であり、検察側は不定期刑として最長の懲役10年以上15年以下を求刑した。



なぜ不定期刑となったのだろうか?
懲役10年以上15年以下の不定期刑は、犯行が残忍極まりないものだったため妥当だと考える。事件当時、リーダー格以外の二人は自分をよく見せようところころと証言を変えていたが、結局は首の大きな血管を三人で代わる代わるに切ったことを認めていた。
やはりその中でもハーフの主犯格は衝動的であったにしろ、多摩川で泳がせて溺死させようとしたり、事件を主導した罪は重い。

世間の注目を集めるこの事件の判決日は未定となったまま。

人を殺してみたかった 17歳の体験殺人!衝撃のルポルタージュ (双葉文庫)

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
関連記事
[ 2016/02/04 15:30 ] 少年犯罪 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード