上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

100キロ密輸で暴力団逮捕と北九州の若松事件 遊漁船業の闇

鹿児島市の港に着岸したフェリーに積み込まれていた車に、覚醒剤およそ100キロ、末端の密売価格にして70億円分を隠し持っていたとして暴力団員ら5人が逮捕され、警察は、外国から来た船との海上での取り引きを通じて覚醒剤が密輸されたとみて捜査しています。



覚醒剤の取引では船が利用される。
これは覚醒剤が北朝鮮経由で運ばれていてることを示している。
分裂した神戸山口組系の暴力団幹部、田中浩孝容疑者(49)ら5人が逮捕されたが、恐らく分裂でもめている山口組からタレコミがあったので逮捕せざるを得なかったのだろう。
これを放置すれば警察の大義名分に関わってくるからだ。
警察はとっくに外国(北朝鮮)から輸入していることは知っている。大昔からこのようなルートで輸入され、日本では覚醒剤使用者が後を絶たず、芸能人は当たり前のように使用し、清原のように金のあるバカは目を付けられて薬漬けにされ、暴力団に利用されている。

逮捕されたのは、「神戸山口組」系組幹部、田中浩孝容疑者(49)、組員の松岡浩二容疑者(50)、無職の魚山恭嗣容疑者(68)、神戸山口組系幹部の藤村誠也容疑者(67)と、徳之島に住む遊漁船業を営んでいる西野禎一容疑者である
必ずこれらの密輸には漁業関係者が関わっていると入っても過言ではない。

若松事件

上野さんが倒れていた現場付近を調べる捜査員=北九州市若松区で2013年12月20日午前11時5分、本社ヘリから
 北九州市で市漁業協同組合長の上野忠義さん(70)が射殺された事件で、上野さんが背後から銃撃されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。上半身を中心に少なくとも3発撃たれており、福岡県警捜査本部は、襲撃犯が強い殺意を持って後ろから銃撃したとみて、暴力団の関与を念頭に調べている。



2013年の暮に発生した市漁業協同組合長の上野忠義さん殺害事件、この事件は過去の1998年に発生した元脇之浦漁協組合長殺害事件とリンクしている。というのも殺害されたのは上野忠義さんの実兄であり、工藤会組員から小倉の町中で銃殺されているのである。
その後、上野忠義さんの息子が狙われたが警察の警備が厳重だったため、孫の歯科医の方が襲撃される。
あと、もう一つ、あまり報道されていないが、上野忠義さんの会社に勤めてその後退職していた事務員の方も襲撃されている。
なぜ既に会社を退職していた女性が襲われたのか?

漁業権と公共事業をめぐる争いで、暴力団の介入を断ったためだと報道されているが、もっとはっきり言えば何かの密輸を断ったからだろう。

週刊文春が報じた 清原和博「薬物疑惑」直撃取材のすべて【文春e-Books】

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2016/02/16 11:28 ] 暗殺・陰謀・闇の力 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。