上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

朝鮮人の背乗りの可能性 東京・港区で女性の遺体発見 別の女がなりすまして土地売買?

19日午前、東京・港区で女性とみられる遺体が見つかりました。警視庁は、今年3月から行方がわからなくなっている60歳の女性の可能性があるとみて、身元の確認を急いでいます。 午前11時半ごろ、港区新橋の住宅の敷地内で女性とみられる遺体が見つかりました。遺体は、女性の自宅と隣の建物の間で見つかり、一部が白骨化していたということです。



板橋資産家殺人事件とよく似た事件、またマフィアの暗躍か。


遺体となって発見された女性は捜索願が出されていたこの土地の所有者の女性(当時59)。
その後の捜査関係者への取材で、女性の住民票は失踪の1年前に東京・大田区のアパートの一室に移される。
この時、別の女が偽造パスポートを使って部屋の契約をしていたことがわかっている。そのパスポートの顔写真は土地の所有者の女性から、別の女のものにすり替えられていた。

板橋資産家殺人事件


敷地1000坪の豪邸から火の手が上がり、焼け跡からは家主の老夫婦の遺体と、散乱した2千数百万円分の札束が発見された。



銀座資産家殺人事件が発生したため、ネットではこの事件が風化しつつある。
2009年5月に東京都板橋区で発生した殺人放火で、74歳男性と69歳女性の夫婦2人の殺害された。火災が発生した現場から遺体が発見され鈍器で頭部を執拗に殴った痕、腹などを刺された形跡があった。
室内には高額の現金や所有する不動産に関係する重要な書類があり、それを目当てとした犯行だと推測されたが未だに未解決のまま。
豪遊する夫婦の姿がたびたび近所の人のメに触れるような生活で、それに目をつけた連中の組織的な犯行とみられる。

今回、遺体で発見された女性も資産は10億円と見られ、自宅で生活せずにホテルを転々としていたと伝えられており、板橋の事件同様に犯罪組織に目を付けられていたのかもしれない。

板橋資産家殺人事件の真相 [ 李策 ]
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2016/12/16 23:02 ] 東京都 未解決事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。