上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年見つかった白骨死体

6月25日

25日午後0時半ごろ、大阪市淀川区新北野の河川敷で、一部白骨化した性別不明の遺体を男性が発見、大阪府警淀川署へ通報した。



10月7日

鳥取県警八橋署は7日、同県大山町鈑戸の山中で9月25日に木に首をつった状態の白骨化遺体が見つかったと明らかにした。目立った外傷がないことから自殺の可能性があるとみて身元を調べている。



11月7日

奈良県川上村の山林で一部白骨化した遺体が見つかった事件で、遺体の上半身や右足に黒いポリ袋がかぶせられていたことから、奈良県警は7日、死体遺棄容疑で捜査を始めたと明らかにした。遺体は50~80代の男性とみられ、県警で身元の特定を急いでいる。



奈良の事件は明らかに殺人事件だが、残りは自殺と片付けられるだろう。
奈良の事件の遺体発見現場は、山の急斜面。殺害されてここに投げ捨てられたのだろう。黒いポリ袋がかぶせられていなかったら警察は自殺としただろう。頭部から上半身に被せられていたことから顔見知りの犯行の可能性が高い。何しろ身元が判明するのかも微妙な事件。

鳥取の事件は遺留品に「大村」姓の印鑑などが入ったリュックサックが見つかっている。
淀川河川敷のものはかなり古い遺体のようで損傷が激しいとのこと。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2016/12/17 10:34 ] 注目すべき小さな事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。