ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

千葉18歳の女性生き埋め殺害事件の中野翔太被告、無期懲役を不服として控訴

千葉県内で昨年4月、同県船橋市の女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害し財布などを奪ったとして、強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた無職、中野翔太被告(21)は5日までに、求刑通り無期懲役とした千葉地裁の裁判員裁判判決を不服として控訴した。1日付。



このとんでもないゴミは死刑が妥当なのに、無期懲役は罪が重いとして控訴。

中野翔太


nakano.jpg

殺人鬼中野翔太には二人おり、一人は現職警察官中野翔太による熊谷市男女6人殺人事件。
もうひとりは現在裁判中で千葉地裁の裁判員裁判判決で無期懲役判決となった中野翔太。「死にたくない」と命乞いをする18歳の少女を中間とともに穴を掘り行きたまま埋めた事件の犯人だ。
逮捕されたのは住所不定無職のケイ先輩と呼ばれる井出裕輝容疑者(20)、今回の千葉県成田市三里塚御料に住む無職の中野翔太容疑者(20)、井出裕輝容疑者と交際中で殺人を依頼した千葉県船橋市に住むアルバイトの少女(18)、東京都葛飾区に住む鉄筋工の少年(16)ら4人。

殺害されたのは野口愛永さん18歳。中野翔太は逮捕されたアルバイトの少女に依頼され、野口愛永さんに暴行を加え、地中に埋めたと供述している。
死刑判決に至らなかったのは井出被告らに誘われて行った、指示された経緯を踏まえてのものだが、たかが先輩と先輩の女に頼まれたくらいで、浸りの人間をさっさと生き埋めにするような、人の命の尊厳ですら意識しない行動は極悪と言える。
あまりに稚拙な行動に一時は精神鑑定も行われたが、その間中野翔太被告はマンガを読んだり好きな女優の写真を病室で眺めながら過ごしており、もちろんのことだが反省もない。
殺害を誇示するようなメールを友人に送っていたが、それについて質問されると「あんまり意味はなかった」と答えている。
画像見てもわかるがまともな教育を受けた人間のような風貌ではなく、てきとうにな親に適当に育てられたような知的レベルの低さが伺える。

井出被告とアルバイトの少女にについての公判は来年から始まる。

世界犯罪機構 [ ミーシャ・グレニ ]
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2016/12/27 06:29 ] 裁判経過・結果・日程 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード