上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フランス日本人女子学生行方不明事件 チリ人の男を国際指名手配

フランスのメディアは捜査当局の情報として女子大学生とともに行動していた20代のチリ人の男が何らかの事情を知っているとみて、重要参考人として行方を調べていることを明らかにしました。



男は母国語と日本語やその他言語も多少は話せるようで日本に留学していたこともあるという。

チリ人の男は黒崎さんの元交際相手と見られており、そうなれば日本の学生にも詳しい情報をもっている人も多いだろう。筑波大学で黒崎さんと同じ語学サークルに属していた。
フランス警察が慎重なのは黒崎さんが可能性は低いがまだ生きていることも考えられるため。

nicoras1.jpg



男は既に国外に逃亡しており、隣国スイスのジュネーブへ立ち寄り、スペインから出国したと見られている。
私が推理した人間像は過去のブログにも書いたが

犯人は北朝鮮系、または何らかの組織に属している男。多言語に一応知識は持っているものの母国語、日本語、英語以外は大したことはない。

海外に在住しながら日頃からSNSで日本人女性と交流を持っていた。黒崎さんもその中の一人。

ネットの中では翻訳家、留学経験のある大学生などを装っていた可能性が高い。異国の女性に近づく場合に「言葉を教えてほしい」「◯◯会話の勉強をしたい」と近づいた可能性がある。

ネット徘徊を繰り返す内に何からの政治思想を持っているか、持っているふりをしている。

表社会では仕事経験がないと考えられる。そう仮定すると自ずと自分の生い立ち、グローバル的な世界観、政治思想などが会話の中心となる。

組織に属している。それは国家ぐるみというよりは宗教団体やテロ組織に近い。その場合は単独犯の可能性もあり、黒崎さんは殺害されているかもしれない。国家ぐるみであれば複数犯が予想され監禁されて生きているかもしれない。

海外への渡航費はその団体から出ている。
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-3062.html



犯人のニコラス・ゼペタ・コントレラスは日常的にツイッター、facebook、LINEを使い、恐らく黒崎さんのSNSのアカウントハックをしたのもこの男だろう。親族がIT企業を経営しているとの情報値ある。
一度は決別したものの黒崎さんへの歪んだ思いを断ち切れなかったことが伺える。
facebookなどを頻繁に見たりアカウントを乗っ取ったりしていれば、黒崎さんがフランスへ留学することも知っていたと見られ、計画的にフランスへやってきたのだろう。

しかし、たったひとりの女性をストーカーして殺すためだけに「入国する国が変わるたびに携帯電話を変える」「クレジットカードを使わないようにして自分の気配を消す」「パスポートを複数所持する」などはやはり考えられない。
黒崎さんの事件にはこの男だけでなく複数犯と考える。

男がフランスからスペインへ向かわず、一度ジュネーブへ立ち寄ってからマドリードへ向かい出国しているのが不可解だ。
黒崎さんを拉致し、スイスで何らかの組織に引き渡して、スペインへ向かったのではないだろうか。

サバイバル・インテリジェンス [ 菅沼光弘 ]
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2016/12/30 10:46 ] 海外での事件・事故 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。