上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニコラス・ゼペタ・コントレラス容疑者、帰国後も普通に生活

チリに帰国したコントレラス容疑者は普通にチリ大学に出勤して、仕事に従事し30日も自宅で過ごしていたと報道。
フランス当局からは今回の事件について容疑者宅には書類も届かず、連絡もないとのこと。
ヨーロッパではクリスマス休暇~年末となり、日本では頻繁に報道があるも、あちらではまともな捜査らしい捜査も行われていないと思われる。

ブザンソンから350キロ離れたヴェルダンの森の近くで見つかった若い女性の遺体は中国人との報道が合ったが、これは実は黒崎さんの遺体だった、なんてこともありえそうだが、この女性は今回の事件を撹乱するために、容疑者、または容疑者の関係者が東洋人を殺害した可能性が高い。
白人女性を殺せば黒崎さんではないことがすぐに判明する。
遺体で発見された女性は首や顔を20数カ所刺されて身元がわかりにくい方法で殺害されており、警察の目が女性に向いている間に国外へ脱出してチリヘと帰国したのだろう。

以前として黒崎さんの行方はわかっていないが、そもそもまともな捜査が出来ていないのであれば、事件が動くのは年明けてからだろう。

フランスの警察当局は、男を国際手配したが、チリとの間に犯罪人引き渡し条約は結ばれていないことから、捜査員を現地に派遣することも含め、チリ当局と調整を進めている。



報道によるとフランスはチリと犯罪人引渡し条約がない。その辺も含めてニコラス容疑者は、フランスに留学中だった黒崎さんを拉致、または殺害するのに絶好のチャンスだと考え、わざわざチリからフランスまで渡航したのかもしれない。

コントレラス容疑者をプロファイリング


12月29日にコントレラス容疑者をプロファイリングしてみたが、いくつか書き加えたい。

犯人は北朝鮮やキューバなどの社会主義の国と交流、または何らかの組織に属している男。多言語に一応知識は持っているものの母国語、日本語、英語以外は大したことはない。

海外に在住しながら日頃からSNSで日本人女性と交流を持っていた。黒崎さんもその中の一人。

ネットの中では翻訳家、留学経験のある大学生などを装っていた可能性が高い。異国の女性に近づく場合に「言葉を教えてほしい」「◯◯会話の勉強をしたい」と近づいた可能性がある。

ネット徘徊を繰り返す内に何からの政治思想を持っているか、持っているふりをしている。

表社会では仕事経験がないと考えられる。そう仮定すると自ずと自分の生い立ち、グローバル的な世界観、政治思想などが会話の中心となる。

組織に属している。それは国家ぐるみというよりは宗教団体やテロ組織に近い。その場合は単独犯の可能性もあり、黒崎さんは殺害されているかもしれない。国家ぐるみであれば複数犯が予想され監禁されて生きているかもしれない。

海外への渡航費はその団体から出ている。
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-3062.html 12月29日



「ユダヤ系」に属する人間の可能性が高い。彼の容姿からもユダヤ人に似た要素がいくつか見られる。

SNSで黒崎さんと知り合い、その後筑波大学に留学したという話もあるが、黒崎さん以外にも必ずSNSで他の日本女性に接触している。日本について非常に詳しい人物で組織を通じて同じような考えを持つ同士が日本にいる。

容疑者は日本にも来ているが、頻繁に東欧に出向いていた可能性がある。

容疑者の好みの女性は精神不安のある女性や病んでいる女性で、そういうタイプに非常に惹かれ、女性を精神的に支配し蹂躙することで満足する。

サバイバル・インテリジェンス [ 菅沼光弘 ]
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2016/12/31 14:42 ] 海外での事件・事故 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。