上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黒崎愛海さん不明事件 チリ国籍のニコラス容疑者を任意で事情聴取

黒崎愛海さん不明事件の捜査状況



フランスで日本人の女子大学生が行方不明になっている事件で、国際手配されているチリ人の男が、チリの警察で任意の事情聴取を受けたとみられることが分かりました。



完璧に証拠を消したと自信満々な一面が見受けられる。

不明事件に関しては一切知らぬ存ぜぬで通すつもりだろう。
二人で食事した後に寮へ戻るところが大学の監視カメラに映っていたが、その後ニコラス容疑者一人で出ていく様子が映っている。フランスに来て間もない容疑者が大学のカメラの位置まで把握していたとは思わなかった。

セペダ容疑者自ら出頭


「自分は一緒に寮に入ったけど一人で帰りました、その後のことは知りません」と弁明するためにあらかじめ計算済みだったことになる。その後、黒崎さんは学校を欠席しつづけるが、何者かがなりすまして「領事館へ行かなければならない」と心配する友人にメールで連絡をして生きているかのように画策。
12月4日を最後に黒崎さんの姿は目撃されていないが、事件が発覚したのはそれから数週間後である。
フランス警察が非常に危険な男と言ってたように、単なるストーカーではない。今回の不明事件には複数の人間や組織が関係していると思われる。

わざわざ自らチリ警察へ出頭したのも自分たちが企てた犯行は完璧なものだと自負しているわけだが、果たしてそんなものでフランス警察を欺けるのだろうか。
フランス警察は事件発覚後にすぐにパスポートを複数所持していたこと、容疑者が野宿をしてなるべく自分の気配を消していたこと、国が変わるたびに携帯電話を変えていたことを発表している。
しかもブザンソンの大学は世界に向けて語学留学生を受け入れている教育機関で、フランスからしてみればできるだけただの行方不明事件として処理したほうが得策だったにもかからわず、最初から「殺人事件である」と公表している点も興味深い。
これで解決できなければかなりイメージが悪いものができしまう。
それだけ厳戒態勢の敷かれたフランスは「犯罪」に対して見過ごすような日本のような甘さはない。恐らくセペダ容疑者が入国した時期から何らかの危険人物としてマークしていたのかもしれない。

フランス捜査本部は身柄要求へ


あえて言えばセペダ容疑者の大きなミスは、そのフランスで殺人計画を立てたことだろう。まさかそこまで自分の行動が見張られていたとは思っていなかったと思われる。

一度フランスはチリ警察へ情報提供を求めており、チリもそれに答える形で容疑者の口座などの情報を提供。
そして1月12日の報道ではフランスはセペダ容疑者の身柄拘束をチリヘとの要求した。まだチリには詳しい書類は届いていないようだが、これを受理すればセペダ容疑者の身柄確保が現実味を帯びてくる。
気になるのはチリ警察は遺体が出てこないのであれば身柄拘束は厳しいと発言している点だ。

私の推理とプロファイリング


犯人は北朝鮮系、または何らかの組織に属している男。多言語に一応知識は持っているものの母国語、日本語、英語以外は大したことはない。

海外に在住しながら日頃からSNSで日本人女性と交流を持っていた。黒崎さんもその中の一人。

ネットの中では翻訳家、留学経験のある大学生などを装っていた可能性が高い。異国の女性に近づく場合に「言葉を教えてほしい」「◯◯会話の勉強をしたい」と近づいた可能性がある。

ネット徘徊を繰り返す内に何からの政治思想を持っているか、持っているふりをしている。

表社会では仕事経験がないと考えられる。そう仮定すると自ずと自分の生い立ち、グローバル的な世界観、政治思想などが会話の中心となる。

組織に属している。それは国家ぐるみというよりは宗教団体やテロ組織に近い。その場合は単独犯の可能性もあり、黒崎さんは殺害されているかもしれない。国家ぐるみであれば複数犯が予想され監禁されて生きているかもしれない。

海外への渡航費はその団体から出ている。
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-3062.html 12月29日



「ユダヤ系」に属する人間の可能性が高い。彼の容姿からもユダヤ人に似た要素がいくつか見られる。

プロァイルの中の「北朝鮮系」というのは容疑者の容姿から外れているようだが、政治思想を含むなんらかの接点がある。

SNSで黒崎さんと知り合い、その後筑波大学に留学したという話もあるが、黒崎さん以外にも必ずSNSで他の日本女性に接触している。日本について非常に詳しい人物で組織を通じて同じような考えを持つ同士が日本にいる。

容疑者は日本にも来ているが、頻繁に東欧に出向いていた可能性がある。

容疑者の好みの女性は精神不安のある女性や病んでいる女性で、そういうタイプに非常に惹かれる。
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-3066.html 12月31日



サバイバル・インテリジェンス [ 菅沼光弘 ]
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2017/01/04 06:47 ] 海外での事件・事故 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。