上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フランス留学黒崎愛海さん不明事件 セペダ容疑者の実名報道

筑波大学生で、フランス東部のブザンソンへ留学している黒崎愛海さん(21)が行方不明になっている事件で、フランス全国紙パリジャンがようやく重要参考人として国際手配されている容疑者の名前、ニコラス・セペダ・コントレラス(Nicolas Zepeda Contreras)公表し顔写真を掲載した。それに続いて日本でも実名、顔写真付きで報道が始まった。年齢は25歳だという話だったがチリのメディアは26歳として報じている。その一方でセペダ容疑者は国際手配されているもののフランス捜査当局はまだ名前も顔写真も公開していない。

黒崎さんは去年の12月4日に元交際相手のセペダ容疑者とともにフランスの中世に栄えた都市のオルナンへ出向き、美術館などを訪れていた。ホテルのレストランで食事をした後に二人は寮に戻ってきたが、それ以降黒崎さんの行方がわからなくなっている事件。
黒崎さんの部屋からはスーツケースやハブラシなどの日用品がなくなっており、容疑者のセペダ容疑者が自発的に失踪したように偽装したと言われている。
フランス警察は現在憲兵などを導入してブザンソンの近郊にある森林地帯で捜索を行っている。セペダ容疑者が黒崎さんの失踪前にスイスのジュネーブでレンタカーを借りたことが判明しており、レンタカーGPSを元に捜査している。
容疑者の身柄確保のためには遺体発見が必要と考えてのことだろう。

フランスでのセペダ容疑者の足取り


出国する際にブザンソンからスイスへ列車で向かったという最初の情報を考えると、レンタカーはどうやって返却したのだろうか。どちらにしろ、ブザンソンからスイスが近距離とは言え、何かスイスへ寄らなければならないじじょうがあったのだろう。その後マドリードからチリへ帰国している。

チリへ帰国後、サンティアゴの自宅へ戻り30日まで滞在。
30日には父親とみられる男性が運転する白いピックアップトラックの荷台に隠れて移動する姿を近所の人に目撃されている。
セペダ容疑者の家族はチリ国内に複数の自宅を持っているとされ、現在は男の自宅から400キロ以上離れたラセルナに潜伏していると思われる。住民が2日にそのトラックを目撃しており、3日にはなくなったと話しているのでまた移動したのかもしれない。

容疑者は複数で間違いない


チリ法務省の発表で「複数の容疑者らの身元および直近の動向の特定に協力している」といったものがあり、やはりこの事件はセペダ容疑者一人の犯行ではないと見られる。

黒崎さんとセペダ容疑者はチリやその他南米、韓国などに旅行に行っており、多くの動画がネットに投稿されているが、撮影者がいると思われるものもある。
恐らく何かの思想を元に集まった仲間、または親族だろう。ニコラスは2014年から2015年まで日本へ留学のために来日しているが、その後一時帰国するも再び日本へやってきて黒崎さんと同棲している。
勉学に励む学生というよりは世界40カ国に渡航歴があり、26歳にもなってブラブラとしている印象。何か政治思想にとらわれている、またはそういった組織に属している可能性は去年のブログにも書いた。

29日にこの男についてプロファイルしてみたが、ここでもう一度この男の為人を推測したい。

セペダ容疑者の人物像



http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-3066.html 12月31日

「ユダヤ系」に属する人間の可能性が高い。彼の容姿からもユダヤ人に似た要素がいくつか見られる。

SNSで黒崎さんと知り合い、その後筑波大学に留学したという話もあるが、黒崎さん以外にも必ずSNSで他の日本女性に接触している。日本について非常に詳しい人物で組織を通じて同じような考えを持つ同士が日本にいる。

容疑者は日本にも来ているが、頻繁に東欧に出向いていた可能性がある。

容疑者の好みの女性は精神不安のある女性や病んでいる女性で、そういうタイプに非常に惹かれ、女性を精神的に支配し蹂躙することで満足する

http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-3062.html 12月29日

犯人は北朝鮮やキューバなどの社会主義の国と交流、または何らかの組織に属している男。多言語に一応知識は持っているものの母国語、日本語、英語以外は大したことはない。

海外に在住しながら日頃からSNSで日本人女性と交流を持っていた。黒崎さんもその中の一人。

ネットの中では翻訳家、留学経験のある大学生などを装っていた可能性が高い。異国の女性に近づく場合に「言葉を教えてほしい」「◯◯会話の勉強をしたい」と近づいた可能性がある。

ネット徘徊を繰り返す内に何からの政治思想を持っているか、持っているふりをしている。

表社会では仕事経験がないと考えられる。そう仮定すると自ずと自分の生い立ち、グローバル的な世界観、政治思想などが会話の中心となる。

組織に属している。それは国家ぐるみというよりは宗教団体やテロ組織に近い。前者の場合は単独犯の可能性もあり、黒崎さんは殺害されているかもしれない。国家ぐるみであれば複数犯が予想され監禁されて生きているかもしれない。

海外への渡航費はその団体から出ている。



追加

仲間は日本を含めヨーロッパに点在しておりハッキングは組織的にやっている可能性。

別名で旅行などの動画を多数掲載しており、ネットでは複数の人物像を使い分けている、主にグローバルな視点を売りにしており、それを利用して女性や日本人に近づく。

父親のことは尊敬しているが、元々の親密性は薄い。母親や姉妹の影響が強い生い立ち。遠縁に東洋人の親族有り。

剣道、柔道に興味あり。

情報機関を作る 国際テロから日本を守れ ((文春新書))
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2017/01/06 10:54 ] 海外での事件・事故 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。