上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニコラス・セペダ容疑者はサイコパスか 日本のネットを楽しんでいる

ニコラス・セペダ容疑者



筑波大学生で、フランス東部のブザンソンにあるフランシュコンテ大学に留学中の黒崎愛海さん(21)が行方不明になって既に1ヶ月以上が経過している。
フランス紙の「パリジャン」がチリ人のニコラス・セペダ容疑者の実名と顔写真が公開されようやくモザイクやボカシが外された。
セベダ容疑者の親族は資産家と見られてて、チリ国内に数カ所の自宅を所有し、そのどこかに家族によって匿われていると見られている。現在の潜伏場所は生まれ故郷のティムコ、またはラセルナにある両親の自宅と思われている。

また最近になってフェイスブックに「自分は悪くない。何もしていない」「フランスに行ってない」「メディアの加熱報道が下がるのを待っている」と書き込まれていたこともわかり、その後投稿は削除されている。
彼は一度は消した動画を再び上げて日本の反応を見たり、この騒動の中SNSに書き込みしたりとネットの様子が気になって仕方ないらしい。

日本の報道を楽しんでいる?


セペダ容疑者
セペダ容疑者


自分が国際手配されている身であるにも関わらず、SNSに書き込むという余裕のある様子は絶対に捕まらないという自信の現れなのだろうか。

とは言え現在フランス捜査当局は、セペダ容疑者が使っていた携帯電話の位置情報を手がかりに、ブザンソン近くの広大な森を黒崎さんの遺体や何らかの手がかりを探すための捜査を行っている状況であり、ここから黒崎さんの遺体が出てくれば一気に窮地に追い込まれるだろう。

しかし事件当初、複数のパスポートを使っている、新しい国へ入国するたびに使用する携帯電話を変えている、時計職人のように緻密な頭脳を持つ男と言われていたセペダ容疑者が、位置情報を垂れ流したまま黒崎さんの遺体を埋めたりするのだろうか?という疑問も出てくる。

またセペダ容疑者は年末から年始にかけてネットで音楽を聞いていることが、閲覧者からもわかるようになっている。4日には進撃の巨人の「great escape」を聞いており、まるで警察の捜査をあざ笑うかのような行動ともとれる。

なぜ動画を公開したのか


ラブストーリーという名がついた動画の公開をした。意図的に黒崎さんとセペダ容疑者のキスシーンばかりを映した構成となっている。目的はこのやや不謹慎とも取れる動画を上げることで被害者である黒崎さんのイメージの墜落を狙ったものではないかと思われる。
黒崎さんは「トビタテジャパン」という国費留学生で、フランスに語学留学している。奨学金をもらい、勉学が主である学生があちこちに外国人とともに旅行し、呆けた顔していちゃつく様を流されれば同情は集まりにくい。また。またセペダ容疑者は「ナルミは3つの奨学金をもらっている、お金をたくさん持っている」とわざわざ発言しているのは、遊び回っているかのように見える黒崎さんへのダメ押しとも思える。
一連のニュースを見ている日本人の中からは、そんなことしていたらそりゃ危険な目に遭うに決っている、自業自得といった意見も出てくるだろう。

彼は巧妙に日本でネットの様子を伺っており、私は以前記事に「日本に同じ目的を持つ日本人の同士がいる」と書いたが、その仲間から間接的に情報をもらっているのかもしれない。これは日本人に拘らず、日本に精通した外国人の仲間の可能性もあるし、彼についている弁護士の助言かもしれない。

黒崎さんの家族


またセペダ容疑者は「ナルミの家族が心配」などと発言しているが、これは遠回しの脅迫にも取れる。
黒崎さんはこの男と妹や母親を合わせているようで、恐らく自宅も把握されているだろう。このような男からわざわざ「心配」などと言われて身内の方々は嬉しいはずがないし、そら恐ろしさを感じることだろう。もちろんセペダ容疑者はそれをわかった上で発言していると思われる。

セペダ容疑者の警告動画


2周間の猶予を与えるだの、制裁を解除するだの言っていた動画で不自然に思うことが一つある。
かれは自分を「ニコラス」黒崎さんを「ナルミ」として3人称で声明をだしている点だ。
この警告とも取れる動画を黒崎さんに見せたいのであれば自分を「I」黒崎さんを「You」として話すだろう。
わざわざ自分のことを「ニコラスは~」と言っているのは、このメッセージは黒崎愛海さんだけに向けられているわけではなく、他の二人に関わりのある人物に対してもメッセージを発しているのではないだろうか。

黒崎さんは容疑者とともにチリへ旅行した際にニコラス容疑者の自宅マンションに2ヶ月滞在していたという情報も出てきている。その時に彼の両親やチリの友人にも会っていると推測される。
旅行の動画も自画撮りというよりは誰かが撮影しているようなものもあり、以上のことからあのメッセージは黒崎さん一人に対してではなく複数の人間に対してのものであり、それは今回の事件に関わっている人間なのかもしれない。
チリの検察本部もフランスから捜査の依頼をされた時に「複数の容疑者の捜査をする」と発言しているし、私も事件発覚当初からとても一人では完璧にできるものではないと感じた。彼の仲間と共に綿密に計画を立てた複数犯の犯行だと思う。
その仲間というのは断定はできないが、彼が身を置いている環境から想像はできるが、これについては後日更新したい。

チリ人の元恋人


最近になって現地に飛んでいる記者がセペダ容疑者の栗毛の髪をした元恋人にインタビューをしていた。その女性が言うにはセペダ容疑者はなんでも自分の思い通りにならないと気が済まない傲慢な性格とのこと。
どうやらチリでの評判も悪いようで、事件当初フランス警察は「前科はないが危険な人物」と報道していたことも頷ける。別れた女性をフランスまで追いかけて殺害容疑がかけられていることを考えると、この女性が言ったことと整合性が取れる。前科はないが、今回のように身内が出てきてもみ消していた可能性もあるのではないか?他にも被害者が要るのではないかと思われる。

ニコラスはサイコパス


ストーカー、サイコパスと呼ばれる男は、反社会的人格を宿しており、道徳観などは完全に欠如している。
別名精神病質と呼ばれ普通の人間が持っている良心はなく、嘘をつくことは慢性的で、決して反省することはなく、いろんな手練手管で人を操ることが好きな人間性。

フランスの捜査状況、日本での報道が彼にとってはある種の快感となっている可能性があり、帰国してそろそろ余裕もできてきたことから、ちらほらとサイコパスらしい行動が出始めてくると予想。

彼はかなりネットに依存しているタイプと見る。それがこの男の異常性に拍車がかかり先鋭化しているようだ。
日本から多くの閲覧者がやってくることを想定して、これからも不気味で、かつあざ笑うかのような行動をとるだろう。

このまま事件がうやむやになり、逮捕に至らなければ、ニコラス容疑者は近い将来、今回の一連の事件を周りに自慢するだろう、それがサイコパスだ。

診断名サイコパス [ ロバート・D.ヘア ]
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2017/01/07 14:48 ] 海外での事件・事故 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。