上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

解決 鹿嶋学逮捕 廿日市女子高生殺人事件

逃げ続けた鹿嶋学


広島県廿日市市の高校2年北口聡美さん=当時(17)=が平成16年、自宅で刺殺された事件で、広島県警が、北口さんの祖母をナイフで刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で山口県宇部市、元会社員、鹿嶋学容疑者(35)を近く再逮捕する方針を固めたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。
https://www.sankei.com/west/news/180502/wst1805020011-n1.html


この事件は祖母、妹さんと目撃者が二人もいながらなかなか解決に至らなかった事件。
そのため憶測が憶測を呼んで一部で心無い噂が囁かれることになった。
というのも加害者である鹿嶋学が隣の県に住んでおり、無職の時にブラブラと原付バイクでうろついている時に他県で殺人事件を犯したから難航を極めたと考えられる。

逮捕された顔を見ると非常に似顔絵に似ている。殺人を行う者の顔は普段の顔とは形相が違っており、殺気に満ちたものである。それでありながら目の形や顔の輪郭などはよく特徴を捉えており、くらい生気のない目つき、ボテッとした鼻の形やふてぶてしい歪んだ口元などそのままである。

決め手はDNA鑑定だが、別の事件で逮捕され提出を求められると鹿嶋学は素直に応じており、事件解決へと至った。
14年間も殺人鬼が社会の中でのうのうと生活をしており、同僚への暴行事件がなければ未解決のままだったろう。現在は科学調査が進歩しており、それが事件解決への後押しとなっている。

この事件も2004年に発生した筒塩侑子ちゃんの事件と同年で、この時期は次々と殺人事件が発生するが、どれもこれも解決に至らず世間を恐怖に陥れている。まだまだ逃げ延びている殺人鬼は山ほどいる。

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
関連記事
[ 2018/05/30 08:35 ] 解決した事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。