上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横山ゆかりちゃん行方不明事件

管轄 群馬県警

1996年7月7日午前10時半頃、群馬県太田市のパチンコ店(ぱちとぴあ)で 横山ゆかりちゃん(当時4歳)が姿を消す両親がパチンコに熱中し 目を離したすきの出来事。

パチンコ狂いの両親
馬鹿親のために誘拐され、普通に考えるのなら生きていないでしょう。
子供にとってパチンコ屋はタバコの煙がもうもうとした不衛生な場所だけでなく、とても退屈なところ。しかも生後7ヶ月になる次女まで連れて・・・・。
どうしてそんなにまでしてパチンコがしたいのか?馬鹿じゃないの?
ゆかりちゃんが花火が好きだったので「とってやる」と父親は言ったそうですが、そんなことするのなら空気のよい屋外の公園へ連れて行ってあげたりしたほうが子供のためです。

一度ゆかりちゃんは犯人と思われる男から話しかけられ、怖かったのか母親に「・・・・のおじちゃんがいるよ」と言い、この時の声は店内に鳴り響く電子音にかき消されよく聞き取れなかったという。「おじちゃん」という言葉だけ理解できた光子さんはゆかりちゃんに「ちゃんと座っててね。」、「ついてっちゃだめよ」と言ったとのことですが、ここでどうしてゆかりちゃんと一緒にいなかったのでしょうか?
そこまでしてパチンコがしたかったのか?
馬鹿としていいようがない。両親にはまったく同情もできないです。

今ではカットされて言われなくなりましたが、行方不明になった直後の報道では、一人で放置されるのに飽きたゆかりちゃんが パチンコ(パチスロ?)してる両親の所に行って、「早く帰ろうよ」というような 仕草をしたのに、両親が突き放して、結果見知らぬ人に自ら付いて行った、 という事が推測される画像が残っていたというのは有名な話です。子供は退屈するでしょう。

行方不明
午後1時50分頃、光子さんがゆかりちゃんの姿が見えないのに気づく。ゆかりちゃんが座っていたはずの長椅子にはジュースと食べかけのおにぎりが残されていた。
「ゆかりがいない」
光子さんの言葉に保雄さんは表へ飛び出した。駐車場、国道などを捜したがゆかりちゃんの姿は見えず、近くの交番に駆け込んだが、交番のなかに誰もいなかったため、太田署に「子供がさらわれた」と通報した。午後2時10分のことである。

無関心
事件から2日後の9日午前8時、機動隊員70名を動員して広範囲を捜索したが見つからなかった。また、パチンコ店の客や周辺などに聞きこみ捜査では、ゆかりちゃんが失踪したのと同じ位の時刻に「白い乗用者に4歳くらいの女の子が乗りこんだ」という目撃証言もあった。しかし、手がかりはそこで切れた。パチンコ店には大勢の人々がパチンコを楽しんでいたが、熱中するあまり、店内に一人でいる女の子の様子に注目していた人がいなかった。

不審な男
やがて捜査を続けるなかで、目撃証言よりも重要な手がかりになりそうなものが店内の防犯カメラに映っていた。たびたびメディアでも公開されている「サングラスの男」である。

男は事件当日の午後1時27分ごろ店に入ってきた。身長は158cm前後、白っぽいシャツ、(夏だというのに)肩の部分にラインが入っ黒いたジャンパー、裾をしぼったニッカーポッカ風のズボンをはいており、サンダルと帽子とサングラスを身に着けていた。歩き方が特徴的で、がに股で、左の脇を絞めるような姿勢をとっていた。

男はまず、店の奥の目立たない場所にあるトイレに寄ったと思われる。約3分後、トイレから出てきた男は、店内を徘徊し始めた。台の前で止まる訳でも、両替したり、カードを購入するわけでもなかった。ちょうどこの時、景品コーナーの前でゆかりちゃんとすれ違っている。
 
1時33分、ゆかりちゃんの座っていた出入り口付近の長椅子に座った。ゆかりちゃんの右隣の男はしばらくタバコを吸い、ゆかりちゃんの真ん前にある灰皿を手を伸ばして使っている。やがて、男はゆかりちゃんに話しかけるようなそぶりを見せ、右手で3回店内の外を指差した。話しかけられたゆかりちゃんはワンピースの裾を手で持ってひらひらさせている。これは何か困ったような、迷ったような時に子供がする仕草だという。
 
1時42分、男はゆかりちゃんを残して席を立った。結局、男はパチンコ店に入った15分ほどのあいだ、トイレを使用したり、タバコを吸っただけで、店をあとにしている。ゆかりちゃんはその後、両親の元に行き、前述した通り「・・・のおじちゃん・・・」と話している。そして1時45分頃、ゆかりちゃんは出口方面に向かった。しかし、出入り口付近はカメラの死角となっていたため、店を出る2人の姿は映っていなかった。

この事件と足利事件
北関東でつぎつぎと幼い女の子が殺される、行方不明になる事件があり、今は釈放されましたが当時、菅家利和が逮捕されて服役させられたため別の事件として取り扱われていた。
ところが足利事件で、松田真実(まつだ・まみ)ちゃん=当時(4)=が行方不明になった時間帯に女の子連れの不審な男を目撃した元美術教諭の女性(52)が21日までの共同通信の取材に、96年7月に群馬県太田市内のパチンコ店で横山ゆかり(よこやま・ゆかり)ちゃん=当時(4)=が行方不明になった事件(未解決)で防犯ビデオに写った男について「足の運び方や姿勢がよく似ている」と証言した。

今では菅家さんは釈放され、ある意味ゆかりちゃんの事件が冤罪の糸口になったと思っていいかもしれない。
この警察の大失態である、冤罪がなければ犯人もゆかりちゃんの事件を起こさなかった可能性もある。

推理
犯人は足利近辺に住んでいるのだろう。
最初は地元で犯行をつづけていたが、次第と逮捕を恐れて範囲を広げた可能性がある。
これだけ反抗を重ねているにもかかわらず、逮捕に至ってないのは犯人が警察関係者の可能性もある。そう考えると足利事件のような冤罪が起こったのも納得できる。

警察が自供や証言をでっちあげたことが最近になって明らかになったが、ここまで菅家さんを犯人にしたてたのし悪意以外の何物でもない。

橋本文夫::菅家さんを自供させた刑事
芳村武夫::当時の県警機動捜査隊長
森川大司::宇都宮地検の検事
池本寿美子:再審請求を放置し、請求を棄却した裁判官
寺崎耕:::事件解決の突破口を開いた(当時巡査部長)
森下昭雄::捜査を指揮した刑事部長
福島康敏::科学捜査研究所の技官
向山明考::菅家さんのDNAを鑑定
川田正一::捜査一課長
亀山継夫::役刑を確定させた裁判長
北川弘治::最高裁の判事

少なくともここらの身内を洗うべき。
関連記事
[ 2010/05/31 10:33 ] 群馬県 未解決事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。