上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う

未解決事件や迷宮入り事件を追うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北海道鹿追老人ホーム殺人事件

北海道県警

事件の概要
北海道河東郡鹿追町にある老人ホーム「しゃくなげ荘」で午前0時半頃、個室入居者の沼倉忠さん(80歳)がベッドに横たわった状態で首から血を流しているのが発見された。
布団は胸まで掛けられており物色や争った形跡もなく寝ている間に一気に頚動脈を切られた様子。11時の巡回では異常はなく、室内・窓枠からスニーカーの痕が出てきた。

前月の5月13日に左目の下を2針縫う怪我をして「30ぐらいの男に殴られた」といってたのもおそらく同一犯の仕業と思われる。

不可解な事件
「30ぐらいの男に殴られた」という5月の事件だが、老人ホーム側は沼倉さんの痴呆が進んでいたために何かの角でぶつけたのだろうと判断し、警察に届けていない。これは重大な過失である。
警察に届けられて困る人物がいたのだろうか?
そしてその一ヵ月後に沼倉さんは殺害されたのである。
この事件は被害者が80歳の老人だったためにあまり大きく取り上げられてないが、もし被害者が子供だったら、青年だったら、と考えると事件の様相は違っていたかもしれない。

殺人事件の後、職員への事情聴取は8月中旬まで毎日のように続いたが犯人逮捕に繋がる手がかりはなかったようだ。
老人ホームに入所してから8年が過ぎた80歳の男性がなぜ殺されたのか、沼倉さんは事件当時、「痴呆も進んで弱っており、歩行もできない状態だった」とのこと。

その8年の間に沼蔵さんと関わった人物の中に犯人がいる可能性もあり、沼倉さんが死んだらどんな形でさえ、得をする、そういう人間が犯人の可能性が高い。

【送料無料】特養ホームからの手紙

【送料無料】特養ホームからの手紙

価格:1,575円(税込、送料別)


関連記事
[ 2010/12/22 10:55 ] 北海道 未解決事件 | TB(-) | CM(-)
おすすめ
カテゴリ
オススメ
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。